母の在宅介護と在宅ワーク時折、知人の手伝いなどなど。自営業の私は毎年確定申告をしているがその度現実を直視する。昔は仕事で得た利益は過食嘔吐に消えていたけども、今は介護と母の生活費、そして私のロト依存症のロト購入資金。

介護のお金やロト資金は経費にならない(笑)



介護と仕事・確定申告の下準備できた…数字を見て現実を直視


正直お金がないときには電話代滞納など色々あったけどもなんとか生きていける仕事ができていることはありがたいことだと思おう。これからは母をもっと楽にするためにもっと稼がないとな。

在宅介護になったので自分の仕事スタイルが変わり、手段として中断していた在宅ワークもまたテコ入れしようと思っているし毎月何かしら複数箇所から収入が上がるのはとても助かるし

今月ピンチ!だと思えば在宅ワークで稼げば良い…。これがサラリーマンとかパートと言った限られた収入だけであれば、働きたいけど介護がある、お金がいるけど介護でフルタイムで働けない、などといったお金がない悩みで在宅介護ももっと鬱々した闇に引き込まれていたと思う。

在宅ワークに関しては過去のこぼれ玉のような入金がチョロチョロあるので、そのチョロチョロを本腰入れなおそうと思う。そうすると本当に介護にゆとりができるし自分も今まで介護がなかったときのような外に出る仕事も減らせる。

確定申告するたびまだまだ情けない気持ちになるし、もっと利益を上げたいと思う。雇われだと働きに出れば必ず収入があるけど自衛の場合はやってもお金にならないこともあり、業種によったり軌道に乗って落ち着くまでは浮き沈みもあるのでそれに耐える精神も必要で。

今月は全く収入がない!

と言ったことも経験して食べ物も買えないときもあったなあ。。。騙されて?仕事の途中で相手が突然消えた案件で未回収のお金もあるし、まあ色々精神的にたくましくもなり、逆にもろくもなった。

経営者には経営者にしかわからない悩みもあり、雇われのみだと絶対に気がつかない悩みもあり…話を聞いて理解できても自分が社長の立場にならないと本当のことは理解できない。仕事の考え方や時間の使い方なども違うだろう。

だからサラリーマンと経営者も価値観が平行線であることは避けれず、どっちにも主張したいことや考えがありどちらが間違っている正しいではなく立ち位置によって出る答えが違うということ。

これってうつ病もならないとわからないのと同じでどんなことでも我が身に降り掛かってこそ本当の意味がわかるものだとつくづく思う。さあ、明日は確定申告の書類を仕上げて郵送で送ろ。

今年は在宅ワークも比率を上げて自分の時間で仕事をして母と出かけたりする時間を増やそう。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら