うつ病になると、自殺願望が強まるとされる。わけもなく死にたくなり無価値感に悩まされ自分は居ないほうが良いと思う。

そしてその感情を吐き出すように

  • 死にたい
  • 自殺したい
  • 今から自殺する

などと口に出し家族や知人を困らせるケースもよくあり説得や励ましを繰り返し、いつのまにか

『死ぬと言って死なないのにかまってちゃんでうざい』

と思われることも。



うつ病死ぬ死ぬ詐欺・かまってちゃんができるうちは助けてのサイン


たしかに自分も母がすぐに死にたいと言っていたことでそんなに死にたいなら死ねばいいと思ったこともあったし、どうせ死なないんだろうからと無視することもあった。

うつ病ってすぐ死ぬしネガティブだし、うざいしかまってちゃんだ

と思ったこともある。

実際に自分が希死念慮に襲われる日々になり思うのが、死にたい人は黙って死ぬ。

人に死にたいと言えるうちはそれは助けてのサインだと思う。まだ生きたくて何かしらの救いを求めて励まされて、自殺願望から思いとどまるけど、また希死念慮がやってきてまた助けてと求めて救ってもらってまた希死念慮が襲ってきて…。

と、たしかに繰り返すので理解できない人には死ぬ死ぬ詐欺と思われて当然なんだと思う、傍から見たら、かまってちゃんも確かだ。

でも渦中の本人は本当にそのときには死にたいと思うであろう、でも必要だよ、っと言ってもらえることで救われたいと思う気持ちもある。無意識にも存在を認められたいこともある。アピールの一つがリストカットなどの自傷行為。自傷行為をしたあとに人に連絡をするのは生きたいサインでもありヘルプ。死にたかったら完全に死に切るために連絡をせず、遺書だけを残すであろう。

自分もそうだけど人に死にたいとはいわないし、希死念慮に襲われるときは完璧に死にきれる方法を考えている。死ぬ前に身体、死にますって言ったら引き止められるのは当然だし、聞かされた相手に迷惑をかけるから死ぬときはいわない。言えるのはまだ生きたい気持ちがあるということ。

その方法で助けてというサインを出しそこから同じ繰り返しでどんどん理解されにくくなり、生きづらくなり、希死念慮との戦い。でも死ぬことを宣言するうちはそれは助けて欲しいということで死ぬ死ぬ詐欺とかかまってちゃんとかいわれてもその方法でしか伝えることができないことになかなか気がついてもらえないし

自分でも死にたいと口にだすのは助けを求めていることに気がついていないケースも有る。

一つ一つ自分のだめなところを口に出してそんなことないよと言ってもらって、、、でも自己肯定感が低いから励まされても嘘に聞こえたりする

でもそれも本当は励まされるだけで生きててもいいのかな?って思えるし支えられているんだけどね、自己肯定感の低さから素直に受け取れずに、そんなことない、私はダメ人間だってまた陥って、励ます相手を困らせ疲弊させてしまい、かまってちゃんとか死ぬ死ぬ詐欺といわれるのだ…。

でもこのサインは健常者なら気が付きにくいし理解もしにくい、どうしてほしいかなんて本当に陥った人にしかわからず、道徳的なことや専門書に書かれていることの知識でアドバイスしても意味がないということを心底感じるこの頃。いよいよ自分も病んでしまったのかなって思う。いや、うつ病にはなりたくない。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら