餃子の王将が、食べ放題、飲み放題のバイキングサービスをしているのを知った。摂食障害で過食嘔吐を患っている人からすると飲み放題・食べ放題・バイキングという言葉にすごく反応すると思う。

王将のバイキングは制限時間2時間男性2500円、女性2000円、餃子食べ放題+大皿料理5皿で何と飲み放題メニューのビールは発泡酒じゃなくビールだとか。すごい。



王将の食べ放題バイキングは摂食障害にとって天国?地獄?迷惑

※写真はイメージで王将ではありません

過食嘔吐やフードファイターにとって食べ放題飲み放題のバイキングは天国。財布を気にせず食べまくれるのでストレスがないし気持ちいいものだ。しかも餃子の王将といえば

ビールもすすむし美味しいし、ホテルのバイキングとは違ってがっついても恥ずかしくないイメージもあるので精神的にも楽なはず。

ただ、摂食障害からの過食嘔吐から抜け出し中の私にとっては、いきたい気持ちが昂るけど行かないように踏ん張るので地獄でもある。食べれたらどんなに天国か…とも思える。でも我慢我慢。妄想でバイキングに行った振りしてみそ汁を飲んでいるとかそんな生活。

中華って食欲が増すし、アルコール依存症で大量に飲んで吐く人にとっては王将の食べ放題飲み放題は、まさに天国なんだろうなと思う。しかし…

王将の食べ放題飲み放題バイキングは4名から60名なので摂食障害で孤独に悩む人は一人でバイキングを食べにお店に行くことができない。仲間や家族で行くしかないので隠れ過食の人には難しいね。

ちなみにフードファイターのアンジェラ佐藤さんは本人曰く毎晩バイキングの店で食べているそうだ。彼女が摂食障害で過食嘔吐という公表はしていないけども、大食いのフードファイターは食費を抑えるのに工夫?をしているようなのでバイキングは天国だろうなあ。

逆に、店側からすると、大食いで食べてもらうことは気持ちいいけど、もし過食嘔吐の人がバイキングのお店にきたら店主にとって迷惑でもあり悲しい出来事でもあるなと思う。赤字というだけでなくトイレも汚れるし作ったものを吐かれるのも精神的にきついね。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら