過食嘔吐にとって最高の外食はバイキングではないかと思う。

しかも自分で取って食べるビュッフェスタイルはこいつよく食べるな!?って直接店員さんにばれないので羞恥心が軽減される。逆にオーダー制のバイキングだと1人だと行きにくい。

私は高校の頃には自分でバイトをしてお金があったので過食目的で友達とバイキングにいったりしてファミレスのサラダバーやスイーツ食べ放題、回転寿司食べ放題などいって、

すごい食べるのに痩せててウラヤマシイ

といわれることが気持ちよかった…。



過食嘔吐でバイキングビュッフェ・食べ放題に恥ずかしげもなくハマった頃


当時自分が摂食障害で過食嘔吐という病をわずらっていることも知らないし、言葉も知らなかった。食べては吐きを繰り返し、みんなにバキュームとか残飯処理とかいわれて、166cmの40kgくらいでスリムな服を着こなしていた。

バイトも飲食店ばかりでまかないも大量に食べて吐いたりと本当に食べて吐くということが当たり前で、通学帰りのバスの中でもずっとパンを食べたり食べ物に囲まれて生きていた。行きは学校で吐けないのでしない。

過食嘔吐になっていると常識が守れなくなることもある。食べ物優先なので周りのことが見えないのだ。

バイキングでも他の人が食べることも考えず自分が大量に取ったり、汚い盛り付けをして無心になってがっついたり、本当に恥ずかしげもなく大量に食べて痩せていて怪しかっただろうと思う。ただ女子高生だと痩せの大食いってあり得るのでそう思われたかもしれない。

母がその頃からうつ病だったので出かけれるときは一緒に出かけて私がごちそうする。焼き肉食べ放題、シェラスコ食べ放題、回転寿司食べ放題、中華バイキング、ファミレスのサラダバー、ホテルのランチバイキング、ケーキ食べ放題、とにかく食べ放題情報を入手しては大食いにでかけ、嘔吐してバイトに行く、といった感じ。

食べ放題ではなくてもビックパフェとか大盛り料理の店など…。母と色んな店で食べたなあ。あのときの方がお金持っていた私。今は連れて行くことが難しい。過食嘔吐を辞めているのもあるけど金銭的にもゆとりがない…。

母は私が摂食障害だと知らず、未だにあの頃はびっくりするほど食べてたねっていう。いやいや吐いてたんだけど。きっと母にバレてないからみんなにもバレてないと思っていたのかもしれないし、すごい病だと思わなかったのかも。

バイキングはホント、神様の食卓だったわ。締めにソフトクリームを食べて吐きやすくしたり、途中でネバネバ系のオクラとかスープとか飲みまくって吐くために食べていた。吐くための食材選び。私にとってパスタと練り物系のおでんは最悪。それが詰まって出ない…。

焼肉バイキングは今でもいってみたいが歯がもうぼろぼろなので無理だし過食嘔吐を辞めているさなかなので、また再発したくないので我慢している。お金がないのもあるけどやっぱり過食嘔吐の再発が怖い。いまでもずっと過食したい衝動は消えないし火がつく自信があるので、許している食材(許可食)しか食べないようにしている。

過食嘔吐を無心にできていた頃は幸せだった。恥ずかしげもなく大食いして未来の不安も考えずにとにかくいっぱい食べて吐く。心は満たされていなかったと思うけどあれがあったからこそ色んなことが調整できたのもある。今や身も心もズタボロでお金もない。こんな未来があるなんて考えてもみなかったな。

出張先で過食嘔吐目的に朝からバイキングしていた頃




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら