もともと過食嘔吐に悩んでいた私は介護や貧困で過食費用もままならず、多重嗜癖としてロト依存症に移行し、過食嘔吐は辞めることができている。

しかし逆に、こんな自分は食べる価値のない人間だ、世の中のなんの役にも立ってない、涼しいところで寝る罪悪感などを感じて拒食安堵扇風機もない蒸し部屋で過ごしている。

食べる価値がない、お金を稼げていない、生きている意味がないなど、最低限母の介護ができる体力だけを温存するために味噌汁で塩分を補っている。



鬱状態で無価値感、食べる身分ではないと拒食症続きで熱中症にも


母の部屋はちゃんとクーラーを付けてご飯も食べてもらって水分補給をしてもらっているが私は別の部屋で暑い中、ご飯も食べずに一日を過ごし、汗だくになって寝付けないまま朝が来ての繰り返しで

とうとう熱中症になってしまった。

こんな状態でも母は特に気が付かないしご飯食べているかとか涼しい部屋にいなさいなど言うことはまったくない、そう気圧かないのでそれは期待をしていないこと。これが発達障害を抱えてうつ病の母の現状とでも言うのか、とにかく子供がご飯を食べていないことや病気で苦しいことに昔から全く気が付かない人だ。

ただ私はここのところ家族としていろんなことを勉強し、母のことは受け入れているし自分しか見えていないことに対して悲しんだりすることはもうない、子供の頃はかまってほしかったかもしれない、それが他人へのやりすぎなおせっかいで借金肩代わりなど痛い目を見る結果になった。

自己肯定感の低さによるアダルトチルドレンでの人生の失敗、今は拒食になって熱中症になりながらもなんとか母のことだけは守らねばと絶ちたい命を保っている。それがなければもう死んだほうが良いとずっと思っているから。いつか母に感謝をする日が来るのかな。生きててよかったと思える日、ちゃんと食事が摂れる日。最低限の生活空間の中で胸を張って過ごせる日。

美容院にも一年異常言ってないし風呂も入る価値がないと思い入れない、今は他人には見せれない姿で暮らしている。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら