釈由美子さんは過去に摂食障害だったことを告白しているけど、トレーニングや登山をし健康的に運動を取り入れて、プライベートでは出産を経て母になった。

この度、巨大おむつケーキでギネス記録に挑戦!オーガニックベビーシャワーイベント」に登場した釈さんを観てマスコミが『痩せすぎている』と指摘しているようで…



釈由美子さんの脚がリカちゃん?登山で拒食症の運動強迫?


釈さんはイベントでのコメントで、登山という趣味に目覚めたので子供が1歳の記念日に赤ちゃんを背負えるベビーキャリアを使って

モンベル(mont-bell)ベビーキャリア グレー(GY)【あす楽対応】
自分で背負って登山をしようかなと発言し、そんな細い体で大丈夫か?と不思議がっていた様子。

自分も拒食状態の時に運動強迫になり過剰な運動をすることもあるし細すぎる体でご飯も食べずにフルマラソンなど意外とできるもので…。運動強迫の場合って体が細くて栄養が足りていなくても、気力で何とかなることもあるし少量の捕食で賄えるので自分としては現実的にあるのではないかと思う。

健康的に食べて運動してとするとガリガリにまではならない。あまりにも痩せすぎているのに運動をよくするという場合には拒食症による運動強迫ということも注意しないといけない。

しかし子育てもしながら旦那様とも円満で安心できる場所があるのであれば摂食障害を降伏したうえでただ単純に、登山が趣味で生きたいという発言なんだと思う。登山って精神的にも癒されるので過食嘔吐を防ぐ効果もある。

だから痩せすぎとか色々言われることにより克服しているのに精神的につらい過去を思い出させてしまうかもしれない。特に摂食障害になったことがある人は勘ぐってしまいがちだしね…




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら