摂食障害の苦しみは永遠に続くのかと思うほど一日中食べ物のことにとらわれる。

今は過食嘔吐をしないようにしているので過食スイッチに気をつけているんで人と食事をするなんていうのは絶対にNG



過食スイッチが入らないよう事務的に決まったものしか食べない


誰かが手土産で持ってきたお菓子とか、外食とかをすると必ず過食スイッチが入る。

なのでグラノーラと味噌汁という選択的摂食障害にてとにかく過食スイッチをオフにすることに必死。

同じルーティーンで決まったものを食べるというルールを作ってそれに従うことでなんとか嘔吐せずに保っていて、ここについ一口、なにか違うものを食べるとだめ。

なんだろうね…。薬物で言うフラッシュバックとでもいうのかしら?

許可食以外を食べると衝動が抑えられなくなるし、過食嘔吐していたときに食べていた食べ物を見ると過食嘔吐を思い出して爆食いしたくなる。

一生つきまとうんだろうか、確実に栄養不足になるんだけどなあ。でも食べて吐かないということが今の自分には大事なことで。とにかく同じものだけを許し

吸収するということを気にしすぎずに当たり前にすることができれば、いつかちょっと違うものを食べてもきちんと吸収して過食嘔吐しない日が来るといいな。

関連記事
過食嘔吐の擬似停止(疑似)との戦い…一生続く中枢性摂食異常症




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら