2017年7月14日のNEWSな2人
が過食嘔吐に関する内容だったのでやっぱり観ちゃうよね…

⇒ NEWSな2人摂食障害の女性たちがダイエットに潜む危険を訴えるをみての続き。



過食嘔吐のシングルマザーに密着…摂食障害の女性たち


何名かでていた中で、まだ過食嘔吐だという高橋愛弥さん(29歳)はキャバクラで働くシングルマザー。

彼女うは過食嘔吐に罪悪感がなく、ストレス発散だと。(わかる。うん、よくわかる…)

タバコを吸う人やカラオケに行くのと同じ感覚だという。

もともと過食嘔吐になったきっかけが

『食べちゃったら吐けばいい』

という言葉を聞いたからだそう。(中学校のときに友達に聞いて発症した私と同じだ…)

彼女がストレス発散で過食嘔吐をするときは?
  • 子育てのストレス
  • 仕事上キレイでいないといけない気持ち
  • お客さんからのDV
  • 死にたいと思ってしまう

ということで、無理にやめてしまう(ストレス発散を取っちゃう)ことのほうが危険だと。

で彼女の買い物についていって刺身やピザを吐くための品物だと思い選び取って7000円弱。月の食費は20万円になることもあると。高橋さんは食べていると過去の嫌な思い出を思い出し泣き出してしまうそう。泣きながら生きるのがとても大変だと、一人で子育ては無理だよ、死にたいよと。5年。

で、観ているNEWSのメンバーやクリニックの先生などの意見などを聞きつつ…。でも出せる答えが、ストレスのはけ口を食べることを別の行為にしないと難しい、こうしないと生きれないんだねという決断。。。(解決するといいけど私みたいに多重嗜癖になる可能性もあるけどね…)

自分で気づけない部分もあるから家族との関わりも大事だと。まあね、ただ家族が原因で摂食障害になることもあるから家族で解決というのが逆に難しいんだよね。

座談会のメンバーの摂食障害の克服方法は

  • 25歳のとき彼氏が出来たことで一緒にごはんを食べたいからと克服
  • 子供が産めないことに恐怖を感じて拒食症を回復⇒出産

これで克服できるんだね…私には無理だったなあ。


ちなみに番組で紹介されていた『ポコアポコ』では摂食障害の悩みを持つ方をサポートする勉強会があり、主催者の鈴木さんは1000組以上の摂食障害の家族を救ったらしい。鈴木さんいわく、家族のサポートで克服できると。餓死寸前の反抗期のみほさんと母の例も出ていたけど、これは母も懸命に向き合ったから・・・

でもさあ、ホント、その家族に問題や原因がある場合、親とその場所に行くこと自体がとってもとっても難しいよね。私なら絶対無理だわ。マは過食嘔吐以外のストレス発散としてロト依存で過食を押さえることが出来ているけども、多重嗜癖と言うだけで根本的な解決になってないんだもんね。

⇒ NEWSな2人摂食障害の女性たちがダイエットに潜む危険を訴えるをみて




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら