7月19日のスッキリにて窃盗癖に悩む大阪在住の主婦Aさん49歳のことについて放送されていたのでついつい見入ってしまった。

大阪在住Aさんの窃盗癖のきっかけは、痩せたくて摂食障害になり拒食状態になり29kgまで落ちたものの、気がつくと食べ物を盗んでいたことから。

窃盗症は精神疾患の病気で世界的にはクレプトマニアという。

摂食障害からの窃盗癖で逮捕されたきっかけと要因

群馬県赤城高原ホスピタル 竹村道夫先生曰く、

Aさんがクレプトマニアになった原因が

  • 頑張っているのに認めてもらえない
  • 子育ての負担が1人に
  • 夫婦仲が悪く孤独に
  • ダイエットきっかけの摂食障害からの万引き

が挙げられていて、その主婦Aさんは、ある日体重を測ると学生時代に70kgあった体重が40kg台になり喜びが忘れられずその日からダイエットで拒食になり29kgまで減量。

階段を登ることすらしんどい中、お腹が空きすぎてパン屋さんで無意識のうちにパンを万引きしてしまい成功、この興奮が万引きにハマるきっかけになったと。

摂食障害になると病的に飢餓感も募るらしく、ストックしないと気が済まなくなり家の中にも尾をたくあんおいていかないと不安になる精神状態にまでなったらしい。

カートごと車に乗せてスーパーのハシゴが当たり前の日課になり、冷蔵庫に入りきらず野菜も肉も腐るのに食べ物がある安心感に満たされたと。

必要ない金魚まで万引きしたりと…

とある日に保安員に見つかり旦那さんが店に呼び出され、旦那さんが母親に連絡して、母親が着いた娘の家の中には溢れる窃盗品で驚愕、娘の異常さに気づく…

ちなみに万引きで現行犯逮捕された際の求刑は懲役1年保護観察付き執行猶予5年だったらしい

拘留中に家族に向けて書いた手紙には両親に 助けて欲しい、辛い、わかっているのにやめられないのと悩みを打ち明け、子供と夫には謝罪の気持ちを綴り、もう二度としないと執行猶予の生活に。

 

窃盗癖で再犯しないための買い物6か条

病気とわかってから買い物に行くときに気をつけていることがあるらしい。

  • 母親と買い物に行く一緒にいく
  • 派手な服装をする
  • 透明なバッグにする
  • 店員に挨拶する
  • カゴを使い重さを感じながら買い物をする
  • 息子の写真を携帯・手の平に名前を書く

一度は失敗した模様。

執行猶予中に 95点 約27000円を万引きで再逮捕をきっかけに精神鑑定をした結果、初めて窃盗症という病を知り、さらに全国に同じ悩みを抱える人がいる事を知る。

本来なら実刑だけど25万円の罰金で日常の生活に戻り、赤城高原ホスピタルで1年治療を重ね今は再発はしていない様子。

ただ、この女性は家族に打ち明けて家族の協力があるからこそ…。女性が49歳で母親が付き添う日々って母親も高齢の中、家族だから向き合うんだね。

そもそもの事の発端も家庭内での虚無感から摂食障害になり、クレプトマニアへって流れだから、やはり家族との関係や自己肯定感などは必要なんだなと改めて思う。

私がこの大阪の主婦Aさんのように49歳になりクレプトマニアになったとして、母がこんなにヘルプしてくれるのは難しいかなぁ

発症しないように気をつけよ。

自分自身は過食嘔吐でも万引はしたことがない。だけども世間では摂食障害イコール万引というイメージがあるんだなって思うし、自分だけは大丈夫ってことはもしかしたらないのかもしれないので注意はしておく…。人はいつ何時何を犯すかわからないから…。

摂食障害者は万引依存は精神疾患者イコール犯罪者みたいな扱い!?
摂食障害とクレプトマニア・マラソン選手の原由美子さんが万引き再犯で心配




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら