摂食障害の過食嘔吐は食べ物を粗末にしている、贅沢病だ、キモい、甘えている!などと叱られやすい病気で、それがわかっている本人も辛い難病指定となっている。

自分が過食嘔吐をしないで済む方法の一つに、自分で農業体験をして収穫をするということ。摂食障害を辞め合いと思う人は一度自分で野菜を作ってみるのもいいよ



自分で野菜を作ると摂食障害が辞められる?!


まず農業は露地栽培がオススメ。摂食障害やうつ病の方に限ってメリットを上げると

  • 太陽の光を浴びる⇒セロトニン分泌促進
  • 土のパワーを吸収する癒やし効果
  • ヘルシーな食べ物という安心感
  • 汗をかいて心地よい筋肉痛で食べることを許せる
  • 自分で作る喜びで吐くことがもったいないと強く思う

などがあり、

農家さんが元気な理由も見えてくると思う。

一番やりやすいのが援農という農家さんの農作業を手伝い、報酬は農家飯と収穫した野菜など。自然治癒で摂食障害を克服したいという人は一度体験してみて。私も援農に行くときや作った野菜を分けてもらった野菜はウチで調理しても嘔吐しなかった。

畑にいかないときには過食嘔吐してたけども。毎日はいていたので一時的にも嘔吐を辞めることが出来た喜びは大きかった。何より太陽を浴びて無心になって雑草を取ることも気持ちよかった。農作業はセラピーにもなる。拒食の人も自分で作った野菜や、直接顔を見ている生産者の作った野菜なら食べれるようになるんじゃないかな

もちろん仕事としてすると難しいけど手伝いだったり体験農業だと気楽だしリフレッシュにいいと思う。

援農

で検索すると色んな情報が有るよ




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら