先日マツコの知らない世界SPでフードファイターの大食いの世界があり、少し見た時に、そういえば過去に元フードファイターの女性がブログで摂食障害を告白して、他の選手のことも暴露?したことで問題となった大食い女子の摂食障害ブログがあったなと思いだした



元大食い女子の摂食障害のブログ誹謗中傷を見て

そのブログでは摂食障害のことや心の葛藤などが書いていて、入院治療するということで更新が終わっていたけどコメント欄に新しいブログが有るようなことをみたのでそのブログにアクセスした。

今はまた更新は止まっているけどもしばらく記事を書いていたみたいで、そのコメント欄は誹謗中傷がすごい。自立しろ、甘えるな。親のせいにするな、食べ物を粗末にするな、死ね、などなど…

書き込むのは一部だとは思うけど心のなかでそう思う人は結構いるのかもしれない。というのは私も父親のうつ病の理解や母親のうつ病の理解がなかったし、罵るわけではないけど死ななきゃ治らないし死んだほうがこの苦しみから開放されるのではないかと思っていたから。これがもっと理解できない他人だと憎悪になってしかもインターネットだから顔が見えないので誹謗中傷しやすいし。

有名になると、こうやって色んな意見が出てきて共感や応援されても少しの誹謗中傷で傷つき、社会復帰が困難になるのだと思う。自分の事も踏まえながら客観視すると確かに摂食障害は食べ物を粗末にしているし汚いしなんで辞めれないんだ?お金と時間の無駄遣いと思う。だから人に言えずに悩んでいる。見ていて不快な人もいると思うけど、何でも依存症の人は苦しんでいてそこで誹謗中傷されると本当に死んでしまうこととかあるから擁護するわけではなく、ネットで攻撃するのは注意したほうが良いと心底思う。

じゃあ書くなよって思う人もいるけど書くことで気持ちを整えるということや同じ悩みを持つ方との共感でもありメンヘラとか死ねとか言われても自分の病気がおかしいと思っても書いてしまうのはブログの依存症でもあるかもしれない。難しい。他人のふり見て学ぶことは人との意見交換どっちの言い分もあるけども、感情的にならないようにしなければ。

元祖!大食い王決定戦 其の壱 〜新時代の幕開け〜 [ 中村有志 ]

ututype
拒食症・過食症改善プログラム 摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス





この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら