うつ病や摂食障害や拒食症をテーマにした映画、疾患している人なら興味深く共感して見入ると思う。その中で拒食症や摂食障害がメインではないけど印象に残るクワイエットルームにようこそという映画を観たときのことを少々。



クワイエットルームにようこそは摂食障害や拒食症患者を描写した映画

吐きだこの消し方?摂食障害の過食嘔吐を隠すには
主人公の内田有紀さんは、摂食障害ではなく、睡眠薬とアルコールを大量摂取したことで精神科に入院することになった。隔離病棟で縛られ…というリアルなシーンもあるのだけど

個人的に印象的なのは入院患者の中に拒食症や摂食障害の患者さんがいること。演じるのは蒼井優さん。

あとは、大竹しのぶさんのあの嫌な役も印象的…ずっと嫌な印象でしかなくてさすがの演技だと思う。

摂食障害で食べれない人や、嘔吐する人、ひたすら運動をする人、様々な精神的な要因から病を発症している様子が描かれていて、自分はこういう状態までに陥っていないけど、内田有紀さんのように、自分は健全だと信じここにいると本当に病気になるっと言う感覚が伝わってくる。

きっと自分も摂食障害で入院したら、この環境から抜けることができるのだろうかと不安になった。

ネタバレになるから言わないけど、蒼井優さん、最後…そうだったの。やっぱり摂食障害などを患うと嘘つくというか自分のみられたくない部分を隠すことも上手なんだろうなと思った。

うつ病やアルコール依存症、摂食障害などで悩んでいる人は精神的に落ち着いているときにじっくり見てみるのも良いと思う


クワイエットルームにようこそ スペシャル・エディション【Blu-ray】 [ 内田有紀 ]
内田有紀 宮藤官九郎 蒼井優 松尾スズキ




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら