以前、女子マラソン元日本代表の原裕美子さんが万引きで逮捕され摂食障害ということが判明しとても心配だったけど

関連記事⇒ 元マラソン日本代表の原裕美子さんの万引き…摂食障害大丈夫かな?

再逮捕というニュースを目にしてさらに心配になった。



摂食障害とクレプトマニア・原裕美子さんが万引きで再逮捕で心配


11月の公判で、現役時代に患ったという摂食障害を告白し、摂食障害の入院治療することで更生を訴えた結果、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた中での2月9日午後8時45分頃に、群馬県太田市内のスーパーでキャンディー1袋など3点(計382円)を盗み、店側に取り押さえられ窃盗容疑にて逮捕…

胸が痛い。甘いと言われるかもだけど救われてほしいな…。

摂食障害とクレプトマニア(窃盗癖)の関係は深く、女性医療刑務所に収容されている方もいて、罪を償い更生する前に病気の治療をしている。原さんももしかするとそれくらいの必要があるほど重い病になっているのかな…。もしそうであれば執行猶予中の逮捕で実刑になる可能性もあるらしく…この機会に克服できると良いなとも思う。

ただ、個人的には摂食障害の人全員が万引依存になるとは考えづらい。実際自分は万引して過食嘔吐をしているわけではないから…。


努力家だったからこそ、マラソンの代表選手になれたのもあるだろうし、その苦悩の裏側には怪我や結婚詐欺?破棄?離職、お金のトラブルなど心痛を伴うこともあったようで…

犯罪は良くないけども、治療をして、その体験談をスポーツ選手を目指す女性の後世に伝えたり、子どもたちに陸上を教える場ができるといいな。なかなか理解されない問題ではあるけども、同じように苦しんでいる人もいると思うから…。

以前も書いたフィギュアスケート界の摂食障害の問題もあるようにマラソン界でも男女問わず摂食障害に悩んでいる選手はいるんだと思う。治したいと思って苦しんでいる人が原さんの復活で希望が持てたら・・・って原さんにとっては辛いことかもしれないので勝手な要望を述べるのも良くないけどね。

とにかく、このことで潜在的に摂食障害とクレプトマニアに悩んでいる人が治療に向ける意識が芽生えたり、家族や周りが病に向き合ってくれるようになったとしたら、原さんに手紙などでお礼をいうだけでも彼女は救われるかもしれない。

⇒ マラソン元代表の原裕美子被告に懲役1年求刑
⇒ 摂食障害からの窃盗癖で逮捕され再犯しないための買い物6か条
⇒ 摂食障害者は万引依存は精神疾患者イコール犯罪者みたいな扱い!?




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら