摂食障害で拒食から過食嘔吐になり、治療をして

  • 摂食障害を克服した
  • 過食嘔吐をやめた

これって、、、、本当?

摂食障害は難病指定。私も過食嘔吐やめたと思いたいけどずっと食べ物の呪縛に脳が覆われている。ただ、過食嘔吐しないように拒食モードで我慢してなんとか嘔吐せずに日々をやり過ごしている感じだ。



過食嘔吐って克服したって本当?しない意志を継続すること


例えば食べること以外に夢中になれることを見つけることが出来たり心の穴が埋まったりして過食嘔吐をしなくなったとしても、普通の成人が食事する量をきちんと吸収できる勇気はあるのだろうか?

もしあるならそれはとても羨ましい。

私は過食嘔吐をやめても定食や、うどん一杯など吸収するのは怖い。だから食べないようにしているし、食に火がつくことに日々恐れている。

美味しそうなスイーツを見て食べたいと思っても、それだけで踏みとどまれるか自信がなく、かといって吐かずに入れるかわからないから食べない選択をしている。

そうやって、過食嘔吐という行為をしていない、我慢しているだけであって克服したとは絶対に言い得る自信がない。覚せい剤やアルコール依存症なども同じことを言うよね、

  • 今はやっていない
  • 今は飲んでいない

というのが正しくて常に自分が再発しないように気を張っている状態だと思う。

現に私も今はアルコールは欲っしないけどもビールを一口飲んだらきっと5本10本と飲んでしまうことがわかっているので絶対に飲まないというルールを課している。

一口でも駄目、

そういう自覚があり、アルコールを欲しなくても、完全に気にならないかといえば気になる。自制心だけでなんとか乗り越えている。

過食嘔吐も同じく、自制心との闘いだけどめちゃくちゃ食べることを妄想しているし。今は多重嗜癖でロト依存とあとはタバコと飴玉。結局何かしらの依存でごまかしていて克服できたとは言えない。

 

だから、普通に食事ができて吐くこととか太ることとか食べすぎないようにとか考えずに、ただ美味しいね、楽しいね、といって食事ができるようになった人がいると心底すごいなって思う。自分にはそんな日が来るような気がしないのだ。

 

もしそうなるとしたら運動をして消費をし、ご褒美ということを繰り返していくことができるときかなって思う。結局それって運動脅迫でもあるんだけどね。食べるということがこんなに脳を悩ませるなんて子供の頃は思わなかったな。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら