摂食障害は恐ろしい病気。軽いダイエットや願掛けのつもりがいつの間にか食事が摂れなくなってしまい、食べてと気にも食べた罪悪感で吐き出してからその快感に堕ちてしまい

拒食症から過食嘔吐になる事が非常に多い。

辞めようと思って拒食しては我慢できずにまた過食嘔吐。この繰り返しで自力で克服することが困難に。でも重病という認識の低さから何年も何十年も、過食嘔吐をしてしまい、副作用としてうつ病になったり貧困で犯罪を犯したり、人間関係をうまく築けなくなる



過食嘔吐を自力で(口では簡単に)やめる方法


摂食嘔吐で過食嘔吐に陥る人は完璧主義でまじめで正義感がある人が多く、摂食障害になる要因は表向きではダイエットがきっかけでも、心理的にはアダルトチルドレンだったりとか、PTSDを抱えていたりして

・人に認められるためには痩せていることが必要と思い込む
・心の穴を埋めるために食べてしまい罪悪感で吐く
・相談できる人がおらず外から見ると社交的
・いつも自分に自信がなく人が止めても頑張りすぎる

等の悩みを抱えてしまっていて心の奥底の理由を自分で理解しない限り、気持ちが整理がつかず克服するのに困難になり、さらに悪化の繰り返し。

まずは

  1. 自分が摂食障害になった根本的な理由を自分で受け入れる
  2. 人に甘えてみる(難しいけど)
  3. 食べるほかに夢中になれること時間を費やすことを探す
  4. 少量でいいので吸収するという勇気を持つ
  5. 頼れる人がいなければ神社などに独り言を話に行く(宗教に入るとかではない)

などを取り入れることで気持ちが楽になる。

私の場合は人に甘えることはできない。よくマニュアルとか病院で甘えることも大事だというけどこれだけはどうしてもできないでいた。

だからこそ、誰にも言えないこと、辞める誓いを立て克服したい思いを伝え、進化のお礼、を必ずいいにいく、っと神社でお礼と報告をして乗り切った。神様は他言しないし批判もしないから安心できる。

ただ、これは一歩間違えると宗教にハマったりするので要注意。私の場合は、誰にも甘えたくないし、誰にも言いたくないという意思が強いので誰かにすがる、という選択肢ではない。

結局人が絡むとその分ストレスもたまるし罪悪感も感じるし、自分は迷惑かけているとまた病んでしまう原因にもなる。そういう性分だからまずは自力で

吸収する勇気と心の鬱々は神社で告白という方法で落ち着くことができた。

でも摂食障害の過食嘔吐を克服すると言葉でいうと簡単で。実際はすごくすごく大変で、一日中食べ物のことしか考えられなくなったりまともな思考を失ったり、食べてしまって罪悪感を持ったりと何度も何度も繰り返してしまうもの。

でも理由を知ること(認める事)で一人で自力でもずいぶん快方に向かった。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら