摂食障害の過食嘔吐は恐ろしい。なかなか治せない。少しでも何かを口にすると、食のスイッチが入り吐くために大量食いをする。お金も使い時間も使い、罪悪感に悩まされ、明日からは吐かないと決意することの繰り返し。

吐かないためには高カロリーではなくローカロリーのものを摂取する。いわゆる拒食症に近い状態になる。そこで私が実際にやっていたことは、大量の味噌汁に、消化の良い野菜や海藻やキノコを入れておなかが破裂しそうなくらい食べること。



摂食障害の過食嘔吐を自力で克服するためにみそ汁でお腹を満たす

お金
鍋いっぱいにみそ汁をつくり、大量の唐辛子を入れて食べる。みそ汁の器にすると10杯以上になるので丼で何回かに分けて食べるようにしている。

お腹がパンパンに張るけど、カロリー自体を計算すると全然少ないので安ど感に満たされる。

カロリーも少ないし、食物繊維もたっぷりで通常は痩せるはずなのに痩せない。500カロリーも摂取していないはずなのに痩せない。お腹がどんどん膨れ苦しくなる。

運動をするもお腹の出はなくならない。歩くたびに内臓がつらい。なぜだろうと思うとガスがたまっていることもあるけども、栄養不足で血液に水分がいかずに井の中に水分が貯まった状態になるようだ。

妊婦さんのようにお腹が出る。

最初は耐え切れず、食べても食べなくても同じじゃん!っとまた過食する。するとお腹が凹むので気持ちがいい。食べなくても太るなら過食嘔吐したほうがいいなんて思うことも。

でも時折お金が無くなりみそ汁大量のみに切り替える。お腹が出る、頭痛がする、お金ができるとまた過食嘔吐。

こんな繰り返しで正直自分にうんざりだった。タンパク質と一緒が良いとのことなので、みそ汁に豆腐を追加することにした。するとお腹のでっぱりは一時的で、便通もよくなり太らなくなった。

その代わり夜中に何度もトイレに目覚める。そりゃ味噌汁を大量に飲んでいるのでそうなるよね。でも尿が出ること自体が痩せる気がしてうれしかった。とにかく嘔吐せずに九州をする勇気をつけることから始め

今はまだ恐る恐る過食嘔吐しないように響きをつけている。焼肉も大量に食べて嘔吐したいし、ケーキもホールで買って嘔吐したい。食べたい食べたい食べたい、そんなことが頭から離れず一人で歩いていても無意識にお腹がすいたとぼやくこともしばしば。

でも今はとにかく過食嘔吐をしないように一日乗り越えたことに歓喜している。みそ汁のほかにもカレー味とかにすればいいかもしれないけど、カレーとか中華風の味付けをすると食に火が付きそうなのでみそ汁だけにしている。

過食嘔吐の克服は難しいといわれています。
自力で治せない人は頼る選択もあると思います。

ututype
拒食症・過食症改善プログラム 摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス