母との関係などあとから気づいたことを抜きにして、表向きな理由がダイエットからの摂食障害で過食嘔吐に走ってから

今まで我慢していた食材を爆食した。とくに揚げ物やお菓子、マヨネーズに生クリームに、、、



罪悪感のある過食嘔吐でジャンクフードを食べる理由


個人的ではあるけども過食嘔吐の過食材の写真をSNSでみてもだいたい似たような食材が多い

  • スーパーで安くなりがちな菓子パン
  • 安くて大量な袋菓子・袋パン
  • 1.5から2リットルのコーラなどの炭酸飲料
  • 吐きやすくするためのアイスやヨーグルトやめかぶに納豆
  • 半額になったお弁当や惣菜やスイーツ
  • ケンタッキーやマクドナルド
  • 安い袋麺
  • コストコや業務用スーパーの大量惣菜

基本的に安くて大量、味はどうせ唐辛子やマヨネーズやソーズ、マーガリンなどでギトギトにするからあまり関係ない。

そして食べないのが健康に良い食材やローカロリー食材

どうせ吐くからもったいないから。

過食嘔吐はもともと罪悪感があるので罪悪感のある普段食べない、吸収したくない食材を一気に食べて吐いてなかったコトにする。

飲み物はコーラではなくアルコールのこともある。アルコールも吐けばなかったことになり酔いが回らないからだ。コーラーでもお酒でもどっちでもとにかく炭酸ののどごしやシュワッとした感覚が過食嘔吐の疲れた体への癒やしを求めてしまう。

そして絶対に吸収したくない油や糖質を過食して全部吐き出して罪悪感を流す

これで精神的にスッキリして心の穴が埋まる気がするけども、また虚無感や罪悪感、倦怠感で自己嫌悪に陥り、今度は吐かないと決めても結局何かを口にすると過食に火がつくことの繰り返し。

美容やファッションよりも食費優先、若い頃は友達や彼氏と遊びに行くときは何も食べずに出かける、そして流れで何かを口にすると吸収されるのが怖くて追加で何かを押し込みたくなり過食嘔吐したくて帰りたくなる。

そうやっていくうちに人付き合いも億劫になり、食費に使うからおしゃれな服も買えない上に遊びに使うお金もなくなり、かといって完璧主義なので人前ではかっこつけて無理してしまい、借金してまで過食嘔吐をすることにも。

ホント地獄だわ、、、過食嘔吐さえしなければお金も時間も有効に使えただろうし、体を蝕むこともなかった。今は歯がボロボロで肌もボロボロで借金だらけで心許せる友達もいないしお祝いごとにも参加できないおばさんになった。

過食嘔吐の快楽は罪悪感を食べ尽くして吐き出すこと、これが精神のバランスを取る治癒ではあるけども、それにより失う代償がものすごく大きい。気づくのがおそすぎた。

若い頃は過食嘔吐なんていつでもやめれるし、精神疾患ではないと思っていた。ただ、ダイエットしたいけど食べたいから吸収しなくてよい最高の手段だった。だからこそ、吸収したくないジャンクフードを好んで食べて

食べれないと我慢してダイエットの努力している人への優越感があったのかもしれない。

『痩せてるのによく食べるね、太らないのが羨ましい』っという悪魔の褒め言葉が嬉しくて…

関連記事⇒ 過食嘔吐で吐きやすくする食べ物(神食材)は?




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら