体重わずか25キロ…“自殺式ダイエット”の衝撃【中国トンデモ事件簿】

  • 学校の指導員から「最近太ったね」と言われたことからダイエットをスタート
  • 3年後体重は30 キロ減 重度の栄養失調で歩けないほど衰弱し、脳には血腫
  • 40日間の昏睡後の”奇跡”とは

よいうネット記事を見つけた。



拒食症で体重25kgの自殺ダイエットからの生還

身長167センチ、体重25キロ。この状態でも食事制限を続けようとし、中国メディアは「自殺式ダイエット」と報じた。

引用元⇒ https://sp.fnn.jp/posts/00354110HDK

栄養不足で2度の脳出血。そこで不幸中の幸いか、こん睡状態のまま意識が戻らずにいたが、およそ40日後になって突然目を覚まし、脳の外傷が記憶障害を引き起こしたものと推測だが、3年間の食事制限の記憶を完全に失い、人が変わったように食べるようになり健康体に戻りつつあり、これは奇跡だと、、、

脳の記憶障害が功を奏したことで生還したのは本当に良かったけど、この記事を見て、拒食症で栄養失調になり、脳が萎縮するという認識の程度だったけど、脳出血などを引き起こし、障害が残ることも考えると恐ろしいと思った。

迷惑をかけたくない罪悪感とか自分に自信がないから摂食障害に走った上に、寝たきりで介護が必要になり家族の手を煩わせることがエンドレスに続くことを考えると、やはり迷惑をかけない程度の摂食障害でとどまりたいと思う。

まあ、コントロール出来ないからこそ難病なんだけどね…。自分だけは大丈夫ってことはないし、誰にも迷惑をかけていない自分の体を痛めつけているだけだと思いがちだけど、家族に迷惑をかける結果だけにはなりたくないと思った。

いきづらい、苦しいよね。摂食障害、なんでこんな病気になったのか、いろんな悲劇を目にしているのに克服することがとても難しい。今日も食べ物に支配差ながらも乗り越えた、明日も頑張ろう、の日々。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら