医療刑務所に留置されている中で、摂食障害から万引きをして治療をしながら服役している女性も多い。
⇒ 北九州医療刑務所は摂食障害の治療ができる?!

そして元マラソン選手も万引きで逮捕されたけど摂食障害で悩まされていた。
⇒ 元マラソン日本代表原由美子さんの万引きについて

自分は摂食障害だけど万引きの衝動は起きたことがなく、借金を重ねるやり方だった。万引きイコール過食嘔吐のお金が無いだけかと思っていたけど違うみたい。



窃盗癖と摂食障害クロス・アディクション(多重嗜癖)の仕組み


私と同じようにお金がないから万引きしていると思っている人もいると思うし、実際に過食したいけどお金がなくて盗むしか無い、盗んでまで過食をするなんて…自分は本当にダメな人間だ…本人もそう思って罪悪感を抱えているケースもあると思う。

私は摂食障害からのロト依存性に転移?転嫁?したけども、それが多重嗜癖とは知らなかった

警察24時などで主婦が万引きで捕まっているシーンもあるけども、お金に困っているわけではないのにスリルを求めて…とかついつい手が出てしまう…などの声も聞く。もしかするとそういった行動は摂食障害からの多重嗜癖で、それが理解されていないがために、ただの心の隙間を埋めたい万引き主婦ということでテレビに映ってしまっているかもしれないなと。

窃盗癖はクレプトマニアといって一時的な快感や満足感を得ることが目的で、窃盗した後には強い後悔と自己嫌悪に襲われるのが特徴。これって過食しすぎて公開して嘔吐するというのも同じなのかしら…。窃盗癖は摂食障害者だけではなく社会的地位がある人も陥ってしまうようだ。

「窃盗癖と摂食障害」の概要から
治療法、再犯時の弁護法から
具体的な症例までが記載されているらしい↓

第1章 窃盗癖と摂食障害
第2章 摂食障害の基礎知識
第3章 窃盗癖の基礎知識
第4章 クロス・アディクション(多重嗜癖)の仕組み
第5章 窃盗癖治療のために1 治療者と診療施設につながる
第6章 窃盗癖治療のために2 集団療法と自助グループ
第7章 窃盗癖と法律問題―治療中に再犯したら
第8章 窃盗癖者の弁護活動
第9章 窃盗癖治療の今後


彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか? 窃盗癖という病[本/雑誌] (単行本・ムック) / 竹村道夫/監修 河村重実/著
自分の摂食障害という病から目を背けていたけどじっくり向き合うと、いろんな症状や副作用があり、すべて今となると納得行く。もっと早くに認めていたらこんなにこじれて重症にならなかったのに、借金も増えなかったのに、ロトを買ったりしなかたのに、と思う。

だからこそ、少しでも摂食障害が軽いうち、症状が重くならないうちに向き合うことをおすすめする。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら