中学生の時に過食嘔吐になり、バイトや仕事をするようになってから一人暮らしをいいことにクリスマスの翌日には半額になったクリスマスケーキとチキンやオードブルなどの惣菜を買い揃えて過食嘔吐パーティーをしていた。



半額になったクリスマスケーキ1ホールとチキンを過食嘔吐


過食嘔吐の特徴としてどうせ吐くんだから旬の美味しさよりも安く多く食べれること。

だから賞味期限切れ前の半額のパンや惣菜などは茶飯事で、クリスマス終わりかけの夜や翌日にはパーティー料理が安くなるのを狙って過食嘔吐を楽しむ日々。

今は過食嘔吐はやめているのでしない。

今日も介護中の母だけのチキンやあまおうのいちごを買って帰り、自分は許可食の味噌汁だけ。

過食嘔吐パーティー楽しかったなあ。

無心になってむしゃむしゃケーキを1ホール食べるって本当に最高だった。チキンも10ピースとか平気。生クリームのおかげなのかケーキは吐きやすいのでストレスもなかったし。

でも楽しかったつけが今になって来てるんだよね。

歯がボロボロ、肌がボロボロ、唾液腺が腫れて顔がでかい、むくんでパンパン、お金と時間の浪費、低血糖でフラフラ、人との約束ができない、過食代で他に買う必要があるものが買えない、などなど…。

もちろん今でも過食嘔吐しようと思えばするけども、今日も過食嘔吐しなかった、明日も頑張ろう、の日々を続けている。普通に戻れる日は来ないと思うけど、今日も誘惑に負けずに過ごせそうだ。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら