摂食障害・過食嘔吐という言葉はよく聞くけども、同義語でプリミアって言葉は聞いたことが無い人もいると思う。



神経性大食症・プリミアとは?


神経性大食症・プリミアは、摂食行動を自分で抑えられない病気で思春期に主に多いとされている摂食障害の過食嘔吐の言い方が違うもの。神経性過食症ともいうので、大食いをした後に、嘔吐するだけではなく

  • 下剤
  • 利尿剤
  • 薬物
  • 過度の運動(運動強迫)
  • 絶食(拒食)

による代償行為で食べたことをなかったコトにする。専門用語?で浄化とも言うらしい…。うーん確かに胃の中を浄化するには変わりがないけども…。精神世界のようなキレイに置き換えた言葉だけど食べたものを何かしらで出すという現実には変わりがない…。

またこういった代償行為。浄化をしないことをむちゃ食い障害と言うけど、非嘔吐過食と同じかな。

で思春期の女の子に多いと思うんだけど、近年は男性でも過食嘔吐摂食障害の人も増えているようで、ほら、男性のファッションでもガリガリの王子様みたいな服もあるし、体質的に細くないと美しく着こなせないし、お洒落をするには身体の筋肉質を削ぎ落としてしなやかになりたいのかもしれない。

ただ、これも若いときはおしゃれを着こなしたいからって定義が表立っているけども、そもそもなぜおしゃれをしたいのか?どんなコンプレックスを持っているのかを把握することができないバアには自己嫌悪に陥って自殺することもあるので要注意。

日本アノレキシア・ブリミア協会(NABA)が自助活動を行っている


東京都世田谷区にある任意団体で日本アノレキシアプリミア協会という団体が設立され代表の鶴田百恵さんが自らの摂食障害の体験談をもとに、摂食障害や過食嘔吐、拒食症、偏食、下剤乱用者が自ら回復し、成長し、同じ体験者で安心して集まれる場所作り、助け合える空間づくりを築かれているようだ。

正式名称は、日本アノレキシア(拒食症)・ブリミア(過食症)協会(Nippon Anorexia Bulimia Association)で頭文字をとってNABA(ナバ)という。

平日の午後に電話相談もあるようなので誰にも相談できないプリミアの悩みを持ていれば相談してみてもいいかもしれない。経験したことがない医者や親、友だちに聞いてもらうよりも腑に落ちるのではないかと思う。

ututype
拒食症・過食症改善プログラム 摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス