20代後半で出会った彼は年老いた両親に愛情を持って育てられその結果、ブクブクと太っていて学生時代に気持ちとかデブと言われ女子にいじめられていたらしく、さらに何もしなくても親がなんでもしてくれるから自発的行動をすることが無かったため、

自分で考えることが出来ず社会に出て苦労をした末にうつ病になってしまったらしい。IT企業に務めるとうつ病になるという人が多いけど彼も自分の性格などと重なりうつ病で退職。



女性へのコンプレックスで絞首セックス嗜癖のある彼


その彼はすでに退職し、スリムになってからであったのだけども、どことなく頼りなくそして空気を読むことが苦手でかつ自分の感情で行動をするため振り回されることも多くまるで子供の世話をするようでお母さん的になってしまった。

その彼が、衝撃的な告白を…。

まず

  • オナニーを一日に何回もしないとストレスがすごくたまること
  • スクール水着とか体操服とかが好きでヤフオクで買っていたこと
  • セーラー服をきさせようとしてきたこと
  • 首を絞めて苦しむ顔に興奮すること

彼は気がついていなかったけどもきっと学生時代にいじめられた女性に対するコンプレックスでそうなってしまったんだろうなと。私も首を絞められそうになり激切れしたことがあるんだけども

今までの彼女とは首を絞めながらセックスをして苦しむ顔を見てそのまま果てるのが興奮してたまらないと。彼女ももっと絞めてと言ってくると。堕ちかけた寸前が最高に気持ちが良いらしい。

はあ?頭おかしい者同士じゃん。

特に私の父は首吊り自殺なので首を絞めるという厚意に強いトラウマを持っているので余計に苛立った。

私は悪いけどそういう癖には付き合えないと体の関係を拒んだ。でもそういう彼がいるという現実を知り、世の中で思いもよらぬプレイで死んでしまうケースもあるんだなと思った。ホント色んな嗜癖が世の中にあるね。摂食障害だとまだ自己完結できる解消法なのでマシかもしれない。

首を絞められてホテルでなくなっているというのも、もしかすると事件ではなく、セックス嗜癖の問題で興奮して歯止めが効かなくなったとか。そういえば以前もニュースでSMプレイで刺して血を流したりするのが好きというので誤って死んでしまったコトの裁判を目にしたことがあるけど、そのときに彼のことを思い出した。

申し訳ないけど私には受け止められるキャパもなく、改善してあげようと言うまでの愛情もゆとりもなかった。その前に自分が堕ちてしまう気がして怖かった。付き合う前になんだか闇を抱える男性に対して手を差し伸べたくなるアダルトチルドレン的な自分はいつもギリギリまで断りきれずにいたらいろんな癖が出てくるケースが多い。

彼は自分でうつ病だと言って鬱の薬も飲んでいたらしいけど(私の前では薬を飲んでいなかった…)そういった薬の副作用でもセックスの感じ方も違うようになるんだろうか?

※私が接したうつ病の人たちの話であり、すべての人に当てはまるわけではありませんしディスるつもりもありません。鬱病の人と接する方が接し方が難しく思い悩んでいる人があるあるっと思っていただければと思います。
⇒ 私が接したうつ病の人たち




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら