30歳の頃に年下の彼と付き合った、彼は役者を夢見る人で、学生の頃に肥満でいじめられていて女性に対しても相当なトラウマもあるらしい。でおとなになって30kgくらい痩せたらしく、

私はその痩せた姿しか知らないので太っていた過去が想像できない…

付き合う前に枯れがうつ病でカウンセリングに通っている、薬を飲んでいるから眠たくて役者の稽古が思うようにできないと言っていた。私は彼個人というよりは、

うつ病を薬に頼らず克服して、やりたい夢を追えるようになればという気持ちで応援していた。

うつ病の彼氏が別れたら死ぬと言って困る・本当に死んだら?


どこかの劇団に入っていたようで稽古もかなりあり、バイトも出来ないために親に仕送りをもらっているという状態だった。正直アラサーにもなり親の仕送りで役者を目指し、そしてうつ病というのは周りは反対していた。

でもなんというか、うつさえ治れば夢は叶うんじゃないか?などと素人が勝手な判断をし、生活の面倒を見てあげてしまった…。きっとうつ病で父親をなくしているので余計なおせっかいをしてしまう。

そういう匂いもわかるのかな?!

で、その彼は、うつ病のため浮き沈みも激しく薬の副作用なのか何なのかわからないけど、個々は踏ん張らないといけないというときに踏ん張れず、結局チャンスを失うことが多い上に、私の仕事時間を奪うようにもなった。

忙しいと言ってるのに会いに来るし、帰らないし、依存するし、、、、食費などを払ってあげたり、毎朝電話で起こしたりとまるでお母さん。

きっとそうやってる自分が気持ちよかたんだろう私も。アダルトチルドレンだからね、色々人にしてあげることで自分の自己肯定感の低さを埋めている。

ただ、やっぱり、色々お世話をしても、ここぞというときに頑張れない、親にお金を援助してもらう癖、と言うのは抜けきれないと思うのし、自分自身が結婚をする気もないし、家庭を築ける地震がないので、結婚したいと言われたときに、仕事が大事だから無理、と別れを選んだ

すると彼が泣き出し、、、

『別れたら死ぬ!』

といって聞かないので、

『死ぬ』といわれると私は実際にうつ病で死んだ父がいるので怖くて死んだら嫌だからとりあえずは様子を見て改善を試みては別れるチャンスを逃す、ということを繰り返した。

また仕事のじゃまをしに来たので今は無理と断ったら

『死ぬ…』

という。この繰り返し。

客観視したら早く別れたほうがいいとは思うけども、私は少しでもうつ病を理解したかった。改善させたかった。だから色々考えていくうちに自分も鬱々してきて『鬱はうつる』と痛感した。

仕事もミスが増えて本当に悪循環で、このままでは本当に自分もダメになる、と勇気を出して別れた。

最後の最後まで死ぬ死ぬと言ってたけども、引っ越しで離れることで解決…
(過去恋愛も同じ流れ⇒ 彼の被害妄想自殺予告メールで引っ越し

でしばらくしてfacebookを始めたときに友達申請が来たけどブロックした。その後、知人のツテで聞いたけどどうやら新しい彼女が出来ているらしい。なんだ、やっぱり依存できる人って依存を繰り返すんだね。って思う。

私じゃなきゃいけない

なんてことはないんだと学びを2回得た。

私に許容量がないのかもしれない。

映画で見たけど穏やかではない現実…。

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

※私が接したうつ病の人たちの話であり、すべての人に当てはまるわけではありませんしディスるつもりもありません。鬱病の人と接する方が接し方が難しく思い悩んでいる人があるあるっと思っていただければと思います。
⇒ 私が接したうつ病の人たち




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら