24歳の頃の出来事。職場の男性の先輩から飲みに誘われ断れずに行くことに。普段近づきにくく怖い男性の先輩が急にどうしたんだろうと思いつつ、ビールを飲むことも好きだったのでついていきました。

職場とは全く違う優しい口調の先輩に驚きながら、よった勢いなのか自分の失恋話をしてきました。年上の彼女と付き合っていて結婚しようと指輪も買ったけどプロポーズ前に音信不通になり振られたらしく、寂しさ紛らしに私を呼んだようです。さらにちょっと精神的に病んでいてうつ病の気配があるとも言ってました。

親身になって話を聞いて慰め、メールだけ交換して、普段会社の中では厳しい先輩なので素知らぬ顔で過ごしました。




それから飲みに行くことはなく1週間経過したある日…教えてないはずの私のマンションの下にその彼の車があり、気のせいかな。。。同じ車種かな、、、と思い気にしないようにしたのですが、翌日も仕事帰りに同じ車がある。目が悪い私には顔をじっと見る勇気もなく素通りをすることが3日続きました。

会社でも何も言ってこないし、社内で私の家を知るのは履歴書出している社長だけ。帰宅時につけてきて家を知ったんだなと思うとゾッとしましたが核心をついていないし先輩だし…と何も対策できずにいました。

そして、とある日の夜中に、『マンションの下にいるから出てきて』とメールが入り灯りが付いているので居るのも見つかっているだろうしと降りて行きました。(心の中で、彼女と別れた傷心うつが大丈夫かも気にしていたので確認含め)

彼女のことは吹っ切った、だから付き合って欲しい

といきなり言われて

えーこれは寂しさ紛らしの替え玉だし、うつ病でちょっと弱っているだけだろうし、私のことが好きとかではないでしょ…でも断ったら死んだりしないだろうか…(私は父の自殺の影響で自分が冷たくあしらった翌日にでも人は死ぬものと思い込んでいたし見捨てられない恐怖もあった)

会社の先輩だし…うつ病だというし…ストーカーみたいでちょっと怖いし断って暴走したらどうしよう…ということが浮かびとりあえず返事はせずに帰りました。

すると、、、夜中に『オレはこの世に必要が無いんだ 生きてる意味が無い さよなら』とメールをしてきたので慌てて返事をしたら、まだ帰ってないらしく家の下にいるとのこと。怖い。怖い。。。と思いメールを無視しました

『ごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめんごめん さよなら』

と連続でメールが届きました。
tel2
ストーカーじゃん

彼女と別れる時もこういうことしたんだろうか。付き合っている時もこういうことしたんだろうか。私にとって『さよなら』とか『生きてる意味が無い』とか言われるとどうしてもトラウマが蘇り辛くなる。

断りきれずに付き合うことにした。優しいんだけどきっとこの人は私が好きなのではなくて時間つぶしだ。だから好きにならないでおこうと思って付き合っていたけど1ヶ月したら結婚をしたいと言い始めた。

流石にそれは無理だと思い、別れることを決意したけど、同じ会社で辛いし、会社もやめて引っ越しもして別れる準備をした。1ヶ月半前に、この彼氏から飲みに誘われて悩み相談を聞かなければ、会社をやめたり引っ越ししたりすることもなかったでしょう。でも仕方ない。ストーカーな彼は私を好きではなくてただ、依存しているだけ。

別れを切り出したらストーカー度が加速したけど会社もやめて、家も変えたので連絡がつかないはず、そう思っていたら…何故か新居の下に車が…怖い。なんで分かるんだろう。(ちなみにこの時だけでなく、その他の同じ症状の男性と付き合った時もストーカーポイ能力には長けていた)

これは流石に実家に逃げこむことにしました。社会人になって家を出たままの実家、程よい距離感で母との中も保っていた。その母にお願いをして実家に身を隠すことにして、新しい職場から家に帰るまでの間キョロキョロしながら、そして家につく頃には母に電話をして彼の車がないか見てもらっていました。

それからもしばらく続き、私はもうこの地を離れ地方に移住をすることにしました。そう、せっかく決まった再就職先も直ぐにやめて地方で仕事探しをして地方に逃げました。信じられないかもですが、

うつ病的になった人を心配した結果、責任も持てないのに付き合ってしまう心の弱さ、そしてストーカーから逃れるために地方移住するまで追い込まれたのです。今思うと私のこの行動自体もちょっとずれてるのではないかとも思いますね。ただ、『うつ病』という言葉は簡単に使われやすく本当のうつの苦しみを持っている人とは違うなと思います。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら