父親は小学校の時にうつ病になったのは前にも書いた。仕事人間で左遷になった虚無感が引き金だけどその前から鬱病の傾向があり、癇癪をすぐ起こし家ではずっと怒っていた。そんな父が嫌いだった。鬱病の接し方なんて子供にわかるわけがない…



父親のうつ病の接し方がわからず反抗してしまう娘

鬱病 娘
家にいる父親は嫌いだった、鬱病だったことは知らないしわからなかった。ただ、家で怒る父、母親を詰り罵り家の中は険悪な空気で私も父親を避けるようになるし、父親が母親をなじる言葉を聞いて母親もダメな母親だと思っていた。

だから大人は嫌い、先生も嫌い、自分には頼れる大人がいなかった。家でも反抗、学校でも反抗、今思えば本当に可愛くない子供でとにかく可愛くないし当時の写真もふてくされた幸薄い顔だ。おとなになって思うけど子供って家庭環境は非常に大事で学校でも笑顔でいることができないと付き合う友達も変わってくる。

同じ臭がする友達が集まるもので、私は中学校の頃は家庭環境の悪い友達ばかりで母親がスナックで働く友達の家に入り浸っていた。母親は父親の鬱病のことで自分もストレスで壊れそうだから自分の事で精一杯だし、子供私にはかまってられない、だからある意味自由に育てられた。今大人にナテ親を悪くはいいたくないし病気だから受け止めてあげようと思っているので放置されたとはいいたくない、他人に親の顔が見てみたい?とか親が悪いとかそういうことを言われたくない。反抗していた私は毎日心のなかに鬱病の父親の恐怖があった。それを友達にも言えず身内も言えずにずっっと気持ちを隠して反抗し続けて生きてきた。

鬱病の親と暮らして心を閉ざした今

それが大人になてほんとうに辛い時に人に甘える事ができないししたくない、友達にそういう性格だと損するよと言われても人に心は許せない。心を許すと自分が崩れてしまいそうだからだ。強くなりたい。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら