「不倫から抜け出せない人」に共通する考え方という記事を読んだ。なぜ既婚男性ばかりに言い寄られるのか、そしてなぜ不倫をしてしまうのか、なぜ不倫を繰り返すのかといった原因について記載をしていたので心当たりを探すべく一読することに



不倫から抜け出せない依存症に共通する考え方

不倫にかぎらず何かの依存症は自己評価の低さ、すなわち自己肯定感が低いアダルトチルドレンのような症状で、ありのままの自分を受け入れられなくて誰かに評価されたい、愛されたい、心の空虚を埋めるために手を出す者で、それをすることにより一時的に快楽をあられた時のことを脳が記憶するから、何かのストレスを受けたり自己肯定感が低くなったときに、またその快楽に手を出してしまうというもの。

アルコール、薬、ギャンブル、買い物、恋愛など色んなパターンがあるけども不倫もその一種らしい。
kekon
両親の不仲やDV,兄弟間の差別や人格否定など幼少期に愛情をうまく受けて育っていない場合になりやすく不倫もリスクが高いほど快楽度が高いので中毒になってしまう率が高いんだとか。恋愛とはいえ依存症で中毒なんだ。悪いと思ってもやめられない、非日常、秘密、という刺激が報酬になるらしい。確かに思い当たるフシがあるかも。

こうやって客観的にいろんな記事を読んでみると、理由があって依存症になっていくのでありすべてを頭から否定するのではなく、生い立ちや経緯、なぜそう思うのかなぜそうしてしまうのかなどを掘り起こすろ人への理解が深まり、危ないことやしてはいけないことに対しての注意喚起もし易いかもしれない。そして自分も依存症と向き合える気がする。一時的な快楽という表面的な理由だけではなく、根深い理由がわかると新しい自分に生まれ変わる気持ちが持てると感じる。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら