私は在宅介護になるまでは母とは疎遠で離れて暮らしていた、そのときまでに、人にお金を貸したり会社の犠牲になって離職したりとやってもやっても自分の懐にはお金が貯まらない状態で、かつ過食嘔吐のため食費がすごいことになっていた。

無職になって困り果てたときに始めた在宅仕事がうまく言ってきた矢先に、また本来の自分のやりたいことをしようと辞めていたんだけども、それで食べれるようになった矢先に、母が倒れて同居介護することになった。

自分はなんのために生きてるんだろうか?と虚しさを埋めるために過食とロト依存症になりまた仕事を失いここしばらくうつ状態だったんだけど…



2年前に辞めていた在宅仕事が稼げるので再開することに


そうだよね、背に腹は代えられない。

やりたい仕事をしていきたいけども実際に介護費用や生活費がいるし、自分の仕事の経費も必要。やりたい仕事や理想の自分には程遠い現状で、かつ、介護となると本当に自分の時間がない、毎日の時間ではなく、将来的にだ。

いま仕事がうまく言っても母がいるから出かけられないし、出張にもでれない。アダルトチルドレンの気持ちを満たす、『あなたがいないと困る』と言われることが嬉しくて、頼られる仕事があっても介護があってできないというなんとも歯がゆい状況に陥り、それでもなんとかならないかとあがいたけども、

ムリなものはムリ。

と諦める決断も必要ではないかと思った。

今までチョロチョロできる仕事はしていたけどもそうすると食べていけないことは明らかで。だからこそロトでなんとかとかおかしな方向にもなり、、、どうにもならないっちゅうの。

そこで昨夜、数年前に無職になったときに始めた在宅ワークのことをまた再開しようかなって考えに至り、その在宅ワークはうまくいってたんだけど、自分がしたい仕事ではないということで辞めてたの。

でもよく考えると、介護で働きに出れない、自分が病気で働けない、だけどお金が必要って方にはピッタリと思うんだよね。もちろん自分の現状もそうだし…。実際にうまく行ったということは知っているわけだし。

意地張って、自分のやりたい仕事とは違うからとやらない選択をするのではなく、家族のことも考えた上で再開しよっかなって。うまく行ってきたことなどをしっかりと伝えて、在宅介護や家族のうつ病で苦しんでいる人が心にゆとりを持って解除できる環境になる在宅仕事を伝えればなって思いも込めて書いていこうと思う。

実際に綺麗事言ってもさ、お金がないと何位も出来ないし心の豊かさと行ってもそれは心に病がないからこそ感じ取れるわけだし、その病を払拭するには家族の誰かが経済力を持っていないとダメだと思うの。

そばに入れる幸せとか家族の時間が大事とかいうけどさ、お金が入る見込みもないのに働かずにそばにいるってとても悲観的な感情になるし心中に繋がる恐れもあるしね。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら