ブルーマンデー・サザエさん症候群、仕事が憂鬱な人が使う言葉だけど、家が嫌な人にとっては週末が憂鬱だ。うつ病の母と土日過ごし、気分を悪くしないように気を遣い、その上介護状態なので家事洗濯、生活費、いろいろ思い悩んでずっとこんな生活が続くのかと思うと

心底うつ病に引き込まれそうになる。鬱はうつる…



食べるためだけに生きる週末は精神的に病む


今の私は母のためにご飯を作り洗濯をし生活を確保し、そのために限られた時間に働き、そのお金もままならないので過食嘔吐も辞め、お金も必要なのでロトを買う。

過食とロトを天秤にかけるとロトのほうが未来があるからだ。良い未来を妄想してなんとか耐えているけど、先ほど母の下着を干しているときに

平井堅のノンフィクションが浮かんだ

何のため生きてますか?
誰のために生きてますか?

う、、、んん、、、、自分で決めていることだけど母のため、母がいなくなれば人生を終わろうと思っている。それくらい未来に希望が持てず本当に辛くなる。それは週末のうつ病が引き起こすことと、うつの母とずっといることで感染しているからだと思う。

週末が本当に辛い、仕事が好きなことが救いだ。

でも、今の自分は食べるためにだけいき、そのためにお金を遣い、美容院にも行けず新しい靴も買えず、母のおやつや母の衣服を買う。私は何をしているんだろう、

いや、父ができなかったことを引き継いでやりきるのだ、意地もあるかもしれないし呪縛があるかもしれない。本当に辛い、本当はすべて投げ出したくて終わりにしたいのに、食べるためだけに行きている、無価値の自分が生きていてもいいんだろうか?

食べ物に消費し、仕事に貢献して、それが社会の経済を回す歯車の一つといえば一つかもしれない。食べる人がいるということはそれで助かる生産者や販売者もいるので。こうやって、何のために生きているか役に立っているのかを無理やり小さなことでこじつけてふんばっているが

気を抜くと死にたい、消えたい、終わりたい、しか口から出てこない。希死念慮が強い、何が嫌で何から逃げたいとかではなく、生きる意味がわからずただ消費的に生きていることがとても嫌なのだ、だからこそ価値を高める自分でいようと考えはするんだけども、それは平日の感情で

日曜日の夕方がここ数ヶ月ずっと地獄だ。休むと鬱々する。仕事している方が安心する…。

それもわかっているからなんとか寝て月曜になれば治ると思うけど、母に なんで私は生きているのか?私は生きる意味があるのだろうか?と尋ねそうになったので母を傷つけることになるため深呼吸してブログに書いて発散。

同じうつでも夫婦と親子でぜんぜん接し方が違うんだろうな…

やまない雨はない 妻の死、うつ病、それから… (文春文庫) [ 倉嶋厚 ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら