何気ない言葉に喜んだり傷ついたり、救われたい、絶望を感じたり。元気なときには聞き流せたことも落ち込んでいると聞き流せないどころかわざわざネガティブな方向に捉えていじけたり泣いたりと、とにかく言葉はその時の精神状態や価値観によって受け取り方や響き方が変わる。

今回は無価値感の自分に元気をくれた言葉…。



復帰を待ってるよという言葉のありがたみ


今母の介護で仕事が思うようにできていないけども実家に帰る前から一緒に仕事をしていた人から今でも復帰を願う声が届く。それも1名だけではなく各方面色々。

私はアダルトチルドレンで自己肯定感が低い、頑張りすぎて疲れていることに気がついていない、と人からいわれたこともあったけどとにかく人に迷惑をかけて生きているダメ人間としか思えないのだ。

今まで仕事をしていても自信のなさから人より仕事をしてそれでも満たされずずっと仕事をして、それでも役に立っってるかわからず気に病んだりしてとにかく仕事で自分の居場所や価値を出そうとしていた。

本当にありがたい。その言葉だけで生きていた意味もあったんだなって思うし、わたしもいつかはまた復帰をっと思う力が湧いてくる。

介護をしていると未来が見えなくて本当に鬱状態になってしまい、母の未来のために消耗をしているだけと思えると、母が万が一のことがあればそのときにも自分は一生を終えようと思うほど自分の人生の欲や生きる糧を失ってしまう。

だからこそ、待ってるという言葉はありがたい。

自己肯定感が低い心の救い

  • あなたがいたら助かる
  • あなたはこれだけしてくれたから今がある
  • また一緒に仕事しよう

などといわれると自己肯定感の低いアダルトチルドレンの私は心が救われる。

たとえば某宗教でも高学歴の人が

君の力が必要だ

といわれたらコミュニケーションベタで人間関係をうまく築けない頭の良い人はすっと入信したりするのも一理あるなと思う。なんというか居場所がないと感じる中で、必要といわれると自己肯定感の低さで自信のない部分をくすぐられるからだ。

アダルトチルドレンの人が世間で言うダメ男ダメ女にハマり、お金を使ったりDVを受けても別れられないのも同様の部分もあるね。

昔はさんざんいろいろ尽くしちゃって借金肩代わりや仕事依存、摂食障害アルコール依存などになったので、これからは仕事も恋愛も友達関係もボランティアも間違えた方向に力を発揮しないように気をつけよう。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら