私の父親は仕事人間で左遷にあった喪失感や悔しい感情を抱え単身赴任先でうつ病が発症した。母は会社のために会社のためにって家族も自分の体も疎かにして…会社は何もしてくれないのに…と何度も言ってました。



仕事でうつ病を発症し自殺した父親と同じ経験をする私

母が会社は何もしてくれない、サラリーマンはダメと言う言葉が印象的で私もそう思っていた。でも血は争えないのか仕事に一生懸命になり会社のために会社のためにと燃えては燃焼して精神の糸が切れてやめたり、セクハラにあってやめたりと繰り返してきた。そんな私にとって一番最長に務めた会社がありそこでは休まず会社のために常に仕事モードで暮らしていて父の法事なども欠席するくらい仕事バカだった。

そんなに会社のためにしても初戦は他人だよと言われ足し、自分でもわかっていた。でも仕事に依存することで心の虚無感を埋めていた。ある日、自分が築いてきたことが全て奪われることが起こった。そう、不況による解雇。残った社員は身内だけ。父のことを見てきたので覚悟していたけど

実際自分の身に同じことが起こると悔しくて悔しくて泣き明かした。怒りで震えるというのはこのことかと思うくらい、悔しい思いをした。何もしていないボンボンの身内がサラッと残り私が築いたことを奪った。もちろん給料を頂いていたので権利は会社にある。でも、でも、何もしていない身内に渡ることが悔しかった。
仕事うつ
初めて父の悔しさが分かったしこの時脳みそがおかしくなりそうだったけど父のうつ病の発症要因などを知っていたのでありがたいことに自分はその時点でうつ病でどうにかなるということは抑えられた。

なりたくなくても似るものだ。同じ経験同じ感情をいだき、やっとわかった。でも私は自殺はしない。残された人の心の空虚や歪みを知っているから。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら