母の介護生活でデイサービスを利用しているけど土日が休みで週末鬱になっていた私、GWは精神が耐えれるか不安だったけど、母が一人で過ごせるように回復してきたので、毎日母が起床する前の早朝から昼まで仕事ができる段取りを付けた。

これでなんとか気分の落ち込みから開放される。仕事をするということは自分んお存在意義を感じることができる安定剤でもあり仕事ができる喜びを感じる。



GWはデイが休み…介護生活のウツ防止に仕事が出来て嬉しい


そもそも私はアダルトチルドレンで自己肯定感が低く、家族から必要とされていない心の穴を埋めるように仕事に費やして暮らしてきたので、仕事で人の役に立つことで心が満たされる。

なので仕事でうつ病になるというよりも、仕事でウツから救われているのだ。仕事が嫌いだとか会社が嫌だという人と真逆。仕事ができるからこそ元気でいれる。

それが母の介護生活で仕事ができなくなり自分の精神安定がなくなり相当不安な日々を過ごして自分は生きる価値がないなどいろいろ思いつめて週末になるたびにうつ病の母との相性が合わない介護で自分まで鬱になりと、、、

so言う生活リズムに慣れて乗り越えては来たものの、ゴールデンウイークを耐えられる自信はなかった。

しかし、幸いなことに連休も仕事があり、母も半日なら一人で過ごせるようになってきたので思い切って私は仕事をして自分の存在価値を自己満足で感じる時間を作り、それに収入もついてくるという安心感で母に対する接し方のキャパを広げれるようにしようと思う。

お金もない
仕事もない
未来を憂う
価値がない
存在意義を感じない
無気力

こういった状況から救われるのが仕事でありがとうといわれること…。

もちろん母の体調や心理状態の確認をしながらだけども、母も一人の時間を確保できるほうがはつらつするし嫌いな私の世話になることが減るのできっと気持ちが楽だと思う。

ちょっとずつだけどなんとか介護うつ状態をうまく回避できる環境が作れるようになってきた。介護って先が見えないくてお互いが辛くなることも多いし社会問題にもなているけども、客観視してなんとか自分で対策できるように生きる活力を養いたいと思う。

少しのマでも仕事ができることがありがたい、お金ももちろん大事だけどお金じゃない大事さが私にはある。人それぞれの価値観だけども自己肯定感の低さを拭うのは私にとっては仕事。フリーだからこその自由度がある仕事だからかもしれないけどね。

正社員とかだと介護しながらだとやはり難しいと思う。会社にとっても休まれる人よりフルで来れる人のほうが良いのは現実だろうし、何より休むことも出来ない自分なので介護で今日は休みますと言えなくて休む罪悪感を抱えて苦しくて続かない。

フリーという選択肢でスキルを磨いてきてほんと良かった。色々愚痴ったり悩みとかあるけど、考えると幸せな方ではないかと思える。週末鬱に負けて何度も希死念慮に見舞われたしこれからも同じ繰り返しだと思うけども、仕事があると回復することもわかっているので上手に精神バランスを取ろう。

そうはいっても、、、今日は前向きに考えれてるけど明日はネガティブになるかもしれない。そんな自分にも慣れたけど、これで友達や恋人など、母以外の人付き合いしていたら振り回して疲れさせているだろうなと思う。

SNSも友達づきあいもやめてよかった。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら