今日、近所のおばさんに、20年以上も前のこと、父が死ぬ前の話をされた。近所には父親が自殺だとは言っておらず心筋梗塞か脳卒中だとかで説明していたんだけど

今になって、数日前に、書類の片付けとかしてたよね などといわれた。(私はそんな事実知らない)

あと、母親が倒れたのは、ご飯もちゃんと作らず2階の部屋でお菓子ばっかり食べているからだとお隣さんが言ってたよとか。

なぜ、、、、とりあえず、母は2階で食べたりしない生活の人だったから話がもられていることは確か。お菓子ばかりというのは何?ゴミアサリ?買い物袋の監視?作り話?



ご近所の主婦の陰口でうつ病になるのは本当。フリーター、家を買うを彷彿


なんで今急にそういうことをいわれたのかわからないけども、近所のおばさんで噂好きなのが3人居て、隣のおばさんと、角を曲がったところのおばさん、そして裏のおばさん。

昔っから挨拶も猫なで声のくせに悪口を言っているところが嫌いだった。

今回も母が入院したときに心配そうに声かけてくれてたのに、裏では陰口を言っていたみたいだし、父の自殺の事も憶測でいろんなことをいわれていることが判明した。

実の娘に今更、父の死ぬ前の行動を聞いてきたり、母の悪口のことを伝えてくるって裏では相当いわれてるよね…。

私は18で家を出たので知らなかったけど、きっといろんなことをいわれ続けてきてうつ病と相まって辛かったと思う。

本当は環境を変えたかったかもしれないけど、転校とかいろんなことを考えると母が我慢したのかもしれない。

なんだか気が付かなかった自分に腹たってきた。


フリーター家を買う。 (幻冬舎文庫) [ 有川浩 ]

二宮和也さん演じる、3カ月で就職先を辞めてしまったフリーターの武誠治が、アルバイト先の大悦土木で出会った香里奈さん演じる千葉真奈美らと出会い、仕事に対する思いや家族再生の希望をみつけていくこのドラマは、人生はいつでもやり直せると気付かせてくれる、温かくて優しい家族の本当の再生の物語。

うつ病の母親役には浅野温子さん。


フリーター、家を買う。スペシャル【Blu-ray】 [ 二宮和也 ]

ドラマの中で、うつ病の母親役の浅野温子さんがうつ病になった原因が、近所の主婦の嫌がらせにより回覧板が回ってこない、捨てたゴミが戻ってくる、陰口など、そういうご近所付き合いだったことが判明。

しかし、そうなる要因には竹中直人さん演じる父親の空気が読めない言動でもあり、、、今回、ドラマでの原因はさておき。

主婦って逃げ場がないし家族のために我慢しないといけないこともあったり自分が近所付き合いがうまく行ってないからと言って子どもたちを転校させたりするわけにもいかず我慢するという葛藤があるんだよね。

特に専業主婦だと養ってもらっているという引け目を感じたりして、夫に言えないということも。本当は主婦が家族を守っているから働きに出れるんだけど気がつかれにくい。

母よ、やっぱり私と引っ越そう。そうしよう、18歳の時、私だけが逃げ出してたんだよ、今一緒に過去を知らない環境に行こう。そうできるように私も頑張ろう。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら