セックス依存症は精神疾患というけど、性欲が強いのか、恋愛依存なのか、自己肯定感が低いからか、わからない面もある。ただ性欲が強いだけでセックス依存症とは違うだろうし、、、

うつ病の詐病がわかりにくいのと同じく、セックス依存症の詐病もでかねない。性欲って目に見えないし他人と比較しにくいことでもあるし隠したい部分だから余計にわからないもんね…。



SEX依存症が精神疾患だとしても性犯罪は許せない


確かに精神疾患で様々な依存症があるし、理解をしてかないとはいけないと思うけど、やはり殺人とか性犯罪とかDVとか、人や動物を傷つける疾患はさ、、、客観視しても批判神はあるけど、被害者の立場になるとなおさら絶対に絶対に絶対に許せないことだよね。

アメリカでは世間の理解も高まり患者も恥ずかしい気持ちはあるけど勇気を出してセックス依存症の相談や治療を受ける人も増えているとのこと。

読んだ記事はこちら。

【国際情勢分析】「セックス依存症」は精神疾患…進む理解 性犯罪“逃げ道”の恐れも
http://news.livedoor.com/article/detail/15362143/

いや、ほんと、、、難しいよね。

孤独感とか焦りや不安を解消するためにセックスをする、これって過食やアルコールやギャンブルと同じことでもあると思う。

ただ、これが他人を巻き込む性犯罪に繋がりかねないよね、、、路上で強姦したり、はたまた出会い系で逆に相手に殺害されるかもしれないというリスクも多い。

例えば性犯罪をした場合、精神疾患だからといって被害者を傷つけたことには変わりないし、性犯罪というのは受けた側は大きなトラウマを残す。忘れよう、忘れようとして無理やりセックスされたことなんて何でもないと思いこむようにして誰とでも関係をすぐに持つ、ということに陥るケースも有る。

私自身も何度か若い頃に仕事関係の年配の親父たちに犯されそうになったことがあるけどそのトラウマはずっと残っている。このオヤジたちが精神疾患でセックス依存症というわけではなくただの性欲だと思うけど、

もし何かあった時に、精神疾患なので…といわれても、じゃあ許すよとはならないよやっぱり。許したとして、心の傷は残るし抱え込むことには変わりがない。

性犯罪を受けた女性って自分は汚れているから好きな人には抱かれたくない、普通の暮らしは出来ない、男性が怖い、エレベーターに乗れない、男性の営業マンや販売員が担当になるのも嫌だとか。いろんな人間関係の差し障りが生まれる。性犯罪にあってなければ苦しむことがなかったのにだ。

また逆に平気だという植え付けをもとに、生きづらさを隠しながら生活のために風俗を仕事にする人も。これはセックス依存症ではないけど明らかに犯罪被害者のトラウマでもあり、一生背負うもの。

だからアメリカでもに問題にあげられているように、こういった被害があるのに精神疾患だから性犯罪の減刑はやっぱり許しがたいな、精神疾患からの万引きとか自分の体を蝕む薬物やアルコールが第三者に与える被害とは違うものだと思う…。

だからこそ理解して犯罪ではない方向で事前に対処しないといけないよね。セックス依存症の人もきっと人に知れると恥ずかしくてたまらないことだと思うし、抑えようとしたらやはりよくある出会い系とか風俗とか不倫で満たすしか無くてそれってでもホワイトな治療法ではないし…。

佐々木希さん主演でセックス依存症の女性をテーマにしたドラマがHuluで配信されていたけども、本人にとってはとても切実で苦しく、また周りやパートナーの理解もとても困難なんだよね。

例えば万引き依存とか薬物依存のパートナーと、セックス依存症のパートナーだと、なんというかセックスのほうが自分の感情も揺さぶられ辛いよね。自分は愛を注いでいるのになぜ君は満たされないのか、自分は役立たずなのか、愛情がないのかとか、精神面での不安が強まるものだと思う。

これも他の依存性同様、当事者でないと理解されないんだろうな。

雨が降ると君は優しい [ 玉山鉄二 ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら