信頼している人が大きな病に倒れ、自分は何も出来ない無力感を感じたことがある。

きっと多くの人が家族や大事な人がガンなどの病気を患い、自分の力では何も出来ないことに無力さを感じて憂鬱になることがあると思う。



努力しても祈願しても治らない病気と無力感


癌のステージがもう末期で外科手術が出来ず、延命治療しか出来ない状況になってもかならず治ると信じ続け神社に詣ったりしていたけど、その思いを叶わず生命を閉じた。

このときに何とも言えない無力感を感じ、うつ病などで自殺するなんて、生きたくても死んでしまう人もいるのに、なんて父親だ!と軽蔑したこともある。

これは世間でもよく言われることだと思う。

  • 命を粗末にするな
  • 死ぬと口走り甘えるな
  • 自殺するなんて無責任だ

など…正論がわかる分、辛いよね。

自分もうつ病に敵対心を持っていたときにはほんとうにそう思ったこともある。そして、自分自身が死にたいという感情を持ったときにも自分で、生きたくても生きれない人もいるのに私は死にたいと思うなんてだめな人間なんだ、と思ったけど、死にたくなる衝動は抑えられなかった。

末期がんで努力しても、祈願しても治らなかった知人が他界し、丁寧に生きていくべきだと考えたこともあるけどやはり鬱状態の波による死にたい願望は出てくるもので、

そのたびに自分は無価値だ、死んでも生きても迷惑で価値が無いと思い続け、なんとかかんとか私が死んだら母親の介護を誰がするんだ?他の兄弟は家族があるし、迷惑かけるよね?ということで母が生きている限りは介護で生きようと思って母が死ねば自分も死ねばいやと本気で思ってからは少しは楽になれた。

そうしている間にこういった負の感情が消し去り、周りの人が死んでも無力感を感じず、罪悪感を感じず生きていけるような精神状態に回復していくのだと思う。思いたい。

治せない病気もあるのに、自分は治そうとしないのはだめだよね、摂食障害もしっかり治るといいな。アダルトチルドレン的な思考や父親の自殺によるPTSDも克服できるようにしていきたい。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら