世界自殺予防デーにてツイッターを見ていたら、ひょんなことからリストカットというタグがありクリックしたら、ツイッターから自殺を思いとどまらせる励まし?のメッセージと共に閲覧するか確認され見てみたら

ざっくりリストカットの画像が…え?これって合成?加工?と思うほどのものまで。



リストカットの画像…危険!希死念慮と生きたいサイン


とにかく血まみれのテクbとか切り口とかたくさん載せていて、リストカット のタグの世界はそrで普通に成り立っているんだと思うほど数々の傷口写真があった。

正直目を伏せたくなるものだったけど、これを見続けるとなれてくるというか、皆こうやって切ってるんだ的な見学者になってしまい、自分が希死念慮に襲われた時に、リストカットをしてしまうんじゃないかという危険性まであった

そう、摂食障害の過食嘔吐のきっかけが友達が吐いてるよといってそういう方法があったのか!と思って自分も吐いてみたのと同じで、きっかけってなにか他人の行動で慰められたりノセられたりすることってある。

しかも文章付きの文を見ても死にたいの裏側に生きたいというメッセージがひしひしと伝わり、なんというか辛いけども、冷静になると、写真撮っている場合じゃないよね。SNSにノセてる場合じゃないよね。

傍からすると死ぬ死ぬ詐欺とかかまってちゃんだと思われがちなことだとは思うけど、このリストカットも生きたいサインであり、死ぬわけではない癖でもあり(私も血が出るまで体の皮膚をめくり、かさぶたも沢山ちぎるほど…の皮膚毟り症があるし)

自殺したいからリストカットするというわけでもないんだということが、本とかネットで見ていて死ぬ気はないもののリストカットして解消する人を知っていたものの個人の画像を見せられると本当にそう思った。

やばい、あれ以上みると、こんなに切っても生きている人がたくさんいて、きずぐちもえぐいものもあり…。薄いものもあり、希死念慮を抱える自分もどんな感じなんだろうと試してみたくなるときが来るような気がしてならない。だから自分を守るためにも、もう見ないでおこう。

まあ、死ぬときは確実に死ねる方法でするからリストカットは選択肢にないかな…。

ちなみに過食嘔吐のタグもすごい、過去の自分を見ているようで、安売りになったパンを複数買いとか安くて量があるお菓子とか、油に油を重ねるトッピングとかもろもろ、、、これも自傷行為のお披露目と同じだよね。

方法が違うだけでみな何かしらの【癖へき】で心のバランスを保っているように思う。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら