世の中でハンディを持った方や生きたいのに生きれない難病を抱えた人、様々な苦境を生き抜く人が居て、そういう人を知ると、自分は恵まれていると励まされ甘えちゃいけない、頑張ろうと気合が入る。

しかし

生きづらい人を見て自分も頑張ろうと思えたのは鬱状態になる前だけだった

に書いたように、自分を追い込んでしまうこともある。



もっと苦しい人がいるという思いが自分の首を絞める事に

  • こんなことで落ち込んでいてはいけない
  • 自分はまだ幸せな方だ
  • これくらいで負けちゃいけない

そんなことを思えるのはまだ精神的にも気力があるときで糸が切れてしまったらたちまち劣等感や罪悪感、喪失感、無価値感、無力感が襲ってくる。

こういうときにSNSを観ると輝かしい人や華やかな生活が目に入る。芸能人ともなると批判ややっかみ、揚げ足を取るコメントが殺到しそれは醜い行為でもあり、病んでいるのだと思うけども、

このケースと違うのが、華やかな人を見てもやっかみやヒガミや悪口などを言うことも思わず、ただただ自分が情けなくなって落ち込んで鬱状態になる。だからある意味、批判的コメントや書き込みしているのを観るとまだ気力や希望がある人なんだなって思う(羨ましくはないが)

本当に苦しいと人に甘えることができず自己嫌悪に激しく陥り抜け出せない、またそういう自分が嫌で、もっと苦境の人が頑張って前を向いているのに自分は頑張れないと思うとますます凹んできて勇気どころか正気を失ってくる。

うーん、こういう状態になるということがわかったことでも今後のプラスか。今まではなにかに元気をもらって乗り越えてきたけどもそうできない、逆効果のことがあるということも知った。

するとどうやって元気を出せばいいのか?わからなくなってくる。答えはわかっているがその答えまでの道程を模索している。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら