うつ病にならないとうつ病のことはわからない。そういってしまうと健常な人は何も言えない。例えば

  • 頑張ろうよ
  • 皆頑張ってるからあなたも頑張ろう
  • 気合が足りない
  • 甘えている
  • 生きたくても生きれない人もいるのに

などと責められる。自分もそうやってうつ病の母親を責めたことがある…そして言ってはいけない禁句だと知り、それは甘えじゃないかとも思っていたことも。



頑張れない気合がないのは自分がわかっている


自分が短期間のうちに急降下し何もできない状況になってようやくわかったけど、頑張れない、気合が足りない、甘えているなんて言うのは一番自分がよくわかっていて、

それにより周りが不快なことも批判することもとても良くわかる。自分は価値がない、だからこそ頑張って気合を入れようとしてもどうにもならなくて希死念慮が押し寄せる。言われれば言われるほど辛いのはよく分かる。

価値がないから食事も風呂も入れなくなった。

もちろん自分はうつ病になりたくない、だからこそ乗り越えようと思っている。薬や病院に行くなどという選択をするつもりはないし診断もされていないけども、すくなからず

鬱病の人が言われて困ること

というのがひしひしと分かる自分がいる。わかっていたつもりで全然わかっていなくてうつ病の父親や母親を気遣うことができなかったことが今更悔やまれるし、だからこそ周りの皆の精神の歪をいろんなことを受け入れようと思う自分もうまれた。

うつ病にはなりたくないし、なってはいけない、この気持は変わらない、人に一度うつ病になってみたらわかるよ、経験してみたら?とは口が裂けても言えない。唯自分がこんな鬱状態になって見えたことで得たものもある。だから自分は客観視して乗り越えることで経験してよかったと思えるようになろうと思う。

何度も言うけど人にはうつ病になってほしくない。思っていることがコントロールできず、全てネガティブになり、元気な頃に鬱病の人に、こうやって考えたらいいのにって思ったことなど、実際自分がそうなると考えられなくなるのだ。

なりたくないのになってしまうのか。このまま親と同じくうつ病の道をたどるのか。摂食障害はもうすでに20年以上は続いているけど出口が見えない。過食嘔吐やアルコール依存はありがたいことに?ロト依存症に切り替わったがために暴飲暴食・お酒は飲まなくなったし飲まなくていいと思っている。

貧困は相変わらずで介護との両立だけど、人の気持ちや痛みがわかるようになり、必要とされることや言葉などを自分で知り、これから知る人を許容して認知することをしていき器を広げ、いつの日か全部幸せへの道だったと思えるように乗り越えたい。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら