KANA-BOONのベーシスト、飯田祐馬さんが5日から音信不通になり、家族が警察に捜索願を出しているというニュースを目にした。

この瞬間人はそれぞれに思い浮かべることがあるだろう。

私はとにかく家族やメンバーに生きているということだけが伝わると良いなと思った。いろんな問題があったとしてもそれはあとからで、とにかく安否だけでもわかることで安心するよねっと。



KANA-BOONの飯田さんの音信不通から改めて…

「バンドのこれからについての真面目な話や、他愛ないくだらない話をしていました。なので、事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます。メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」

というメンバーのコメントって本当にそう思うよね。とにかくとにかく理由はどうであれ生きているのか、大丈夫なのか知りたい、連絡さえあれば安心する。ファンの方もとにかく無事である報告だけを待っている、とのこと。

今回の飯田祐馬さんのことは原因もわからないし、事件なのか事故なのか病気なのか自主的な雲隠れなのかわからないけども、とにかく事件や事故ではなく、生きているってことさえわかれば安心するし、外野が怒鳴ったり責めたりすることは悪影響だなあと改めて感じた。

それと清水富美加さんこと、千眼美子さんの意味深ツイートに突っ込んだりというのもさすがに心無いよね。なにか関係があると想像したとしても、本人に何が起きたかわからない状態で関係ない一般人が直接投げることではないと思う。

一般的にもそうだけど、事故とか事件ではなく真面目が故になにか壊れちゃって休んだり、約束を破ったときに当の本人が申し訳なさすぎてタイミングを失うことってあるよね。

自分もそうだけどバイトを休むことになると申し訳なく思いすぎて、もうバイトに出れなくなったりとにかく休めないタイプ(過去にも同じようなこと書いたけど)レベルが低すぎて申し訳ない。なんというか、消えてしまいたくて申し訳なくて元に戻れないって意味で。

外部がいろんなことを言うのが本人の耳に入るともうそのままフェイドアウトしちゃったり。何もいってないのに、怒ってないのに申し訳なさすぎて消えたり。

先日も発達障害の人で理由も言わずに仕事に出てこなかった。こっちはすごく心配して心配して、でも連絡すると追い込まれてると思うのか無視して逃げる。いや、怒ってるんじゃなくてあなたが大丈夫な状態かどうかが知りたいんだけど…ということがあった。
(結果本人は逃げぐせがあり、相手の気持ちが読めない人だったので、自分の意志しか考えられず周りが心配していることが伝わら無かったんだけど…)

とまあ一般人なら新しい環境でやり直しが効くけど、有名人の場合にはそれも難しく、表に出て謝罪会見などしないといけないという精神的に莫大は負荷がかかる儀式が待っている…。ライブキャンセルとかいろんな迷惑をかけて大きなお金が動くこともあるし…

自分が原因で表に出れないような何か問題があった場合にはそれなりの制裁というか責任が発生するけど、なんというか、逃げたくなることが多くある側の人間として、頭ごなしに出てこいとか、何やってるんだという言葉は自分でも悪いとわかっている分、さらに追い込んでしまうなあっということ。

とにかく事件や事故ではないこと、逃げたくなるほどの精神的な負荷がかかっていないといいな。万が一御本人の問題でみんなに迷惑が被ったとしても他人が攻撃することは違うよね。

 

追記6月16日発表、自宅に戻られた報告が家族からあったようですね。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら