先日、母のデイサービス関係で横に座ったおばさんが、周りにいろいろ小言を言ったり、不平不満を漏らし周りを疲れさせる特徴がある人で、

口を開くと

『私ウツなの』ってウソつけ!ってホンキで思った。



私ウツなんです…の自称うつの被害妄想がウザかった…


うつ歴30年を超える母の、横でノイローゼになりそうなほど色んな不平不満を言い、

  • 自分は鬱だからかわいそう
  • 自分は鬱だから心が疲れている
  • 自分は鬱だけど誰もわかってくれない

とにかく 鬱だから っで何でも許されると思っている。しかも文句をいうのは被害妄想と言うかただのわがままと甘えであり、うざくてたまらなかった。それは、うつ病じゃないから。

本家うつの自分の母と、

『本当にうつなら初対面でこんな大勢の前で鬱だと言って大騒ぎしないよね』
『うつと言えば何でも許されると思っているんだろうか?』
『鬱になりたがっているだけじゃない?』
『本当にうつならそんなにパワフルじゃないよ、』

っと自称うつ おばさんを見てこっちが鬱になりそうだった。

うつ病になりたがる人たちもいて、擬態うつ病とも言うらしいけど本当に疲れる…たぶんねうつ病じゃなくて他の疾患だと思うんだよね。自分もうつ病ではないと思いながら希死念慮と摂食障害と戦っているけど、そういうこと人に話したことないし、このブログだけで書いている。

恥ずかしいとかそういうのんじゃなくて、理解できないところではなしても意味がないと言うか聞かされる相手が困るのでそういうことはいわない。うつ病だって言いふらして何の特にもならないし、特別扱いしてほしいとか理解してほしいと思わない。むしろ理解されにくいところではあえていわないほうだ。

簡単に口に出して同情をさそったり自分のわがままを通そうとしたりする自称うつ病の人が目立つから本当の鬱病の人までウザいとか甘えとかいわれるんだろうなと思う。全然違うんだけどね。もちろん私も母のことや父のうつ病のことを理解しきれるまでは(今も理解しきれてないけど)

うざいとか、気の持ちようとか、怠け者とか思っていた。それはきっと目に入る情報が自称うつのことが多く今やSNSでもそれっってうつなの?って言うような人まで鬱だと言ってどちらかというと、そういうアクティブな人のほうが目立ちやすいので全体的なうつ病のイメージがうざいとか甘えになるんだろうなと思う。

本当に苦しんでいる人はSNSで配信することすら難しい状況でもあるのに。うつで休職中の人が明らかに旅行ではしゃいでいたり、買い物して自慢しているとそのお金は何のお金なの?会社からの手当でしょ?って思うし、なのに突っ込まれると被害妄想でまたうつの振りをするなど。

生きづらさを抱えるはずが、逆に生きていくのうまいよねって思う。でも、そういうことができる人がウラヤマシイのかもしれないね。でもこの人は認知症を認めずうつと判断しているのかもしれない。ここも難しいところ。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら