ただ単に愚痴を書いているネガティブなブログがありその背景を考えると自分はうつ病にならないように予防することができると感じる。



他人の愚痴ブログを読んでうつ病を予防する方法


うつ病を患い闘病で頑張っているのとは違い、自分を正当化しているのをみると

なぜこんなにネガティブなんだろう
なぜこんなに人のせいにするんだろう
こう考えると楽なのに

などと思うことがあるし、読んでて気の毒な考え方だなっとちょっときついときもある。共感でも同情でもなく、かといって逆に批判でもなく、ただただ、考え方をこうすると違う感情が生まれるのになって思う。

なので自分がその人と同じような考えになったときに、客観視することができるので、きっとこのブログも同じく、馬鹿だね、とか不快だと思われたら、逆にその人にとって役立つのではないかと思う。

うつ病は弱いようで強い

人の考えや思考はそれぞれで、正解は一つではない。

強制することもできないし、矯正することも出来ないし、批判することもしない。ただ、一人の考え方だと思わないと自分の視野や価値観を押し付けているだけで衝突するだけだからね。

自分がうつ病の両親のことをいつも、なぜこんな思考なの?なぜこんな発言するの?なぜ?なぜ?っとずっと思い続けていてストレスだった。解決できない問題にずっと悩まされていた。

あなたにうつ病の気持ちがわかるわけがない!

など子供の頃から何度母親や父親に言われたことか。そのたびに理解できない自分が悪いと思い、悩み続けて理解しようとした。理解しようとすればするほど自分もうつ病になりかけた

そのたびにうつ病になりたくない、うつ病をうつさないでくれっと思いこんな考え方は持たないでおこうなど反面教師にした。ネガティブは引き寄せられる。ネガティブな人は弱いようでものすごく強い影響力を持ち、あっという間にパワーを吸い取る。

元気な人がパワーを与えるよりも、ネガティブな人が吸い取るパワーのほうがでかい。

なぜなら、ネガティブな人は元気なパワーを避けるし自分の意志を貫くけど、元気な人はネガティブな人を元気にしようと頑張るから。合わせるから、理解しようとするから…だからそもそも相手の思いを汲み取る意志が全く違う。

これもうつ病の特徴だと言われるともう何もいえない…。でも見捨てられないんだよ。ネガティブな人は弱いようで本当は強いんだと思う。

これは決して批判ではない。ただ思考の理解は人それぞれで難しいということ。人の思考を読んで自分の考え方も置き換えることで他人を恨んだりすることが減るかなと。そうやって対策方法を知っているだけでうつ病になる予防をすることができる。

脳を騙す、それでもいい。

成功している経営者なども脳を騙したり脳を掃除(ブレインダンプ)している。

ブレインダンプ 必ず成果が出る驚異の思考法 [ 谷澤潤 ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら