うつ病の接し方について社内研修とか、家族会などで

うつ病の患者さんに対し

  • してはいけないこと
  • 言ってはいけない事

ってリストがある中で『頑張れ』は禁句に挙げられる。確かにプレッシャーだけど使い方や言葉尻で良い効果にもつながると思う。



うつ病の方への接し方の定番禁句『頑張れ』について


鬱病の人って怠け者と思われやすいし甘いとか心房が足りないとも言われる。たしかに健常な心の持ち主だとそう思うだろう。私も子供の頃、うつ病で寝たきりの母に対してそう思っていた(父の罵りを聞いていた洗脳もあり)。だからこそ他人には理解できないと思う。

で、鬱病の人の励ましの中の禁句『頑張れ』
確かに無鉄砲に言われるときつい。

  • あなたが頑張らないとどうするの?
  • 今ここで頑張らないと家族も悲しむよ
  • 今頑張ればこれからいいことあるよ
  • 頑張れないならもう辞めなよ

などなどわかってるし…

  • 頑張ってきたけどこれ以上どう頑張ればいいのか
  • 追い打ちをかけるように頑張れと言われると辛い
  • 頑張れない自分をせめて辛い
  • 頑張りたいけど頑張れない苦しみ
  • 気持ちをわかってくれない辛さ
  • こんな自分が情けない
  • 心を閉ざし引きこもる

などなどでもっと悪化してしまうなんてことはある。

たっだ、全てにおいて『頑張れ』が禁句かというとそうではない。

  • 一緒に頑張ろう
  • 頑張ってるね

などは観てくれている・味方でいてくれると思えるからちょっと嬉しいし励みにもなるし、活力にもなる。ようは孤独を感じさせず、

  • 見守ってくれている
  • 一緒に乗り越えようとしてくれている
  • 頼りにしてくれている
  • 未来に希望を持っている

意味での使い方はいいと思う。

何よりマニュアル通りで腫れ物に触るような接し方は余計に傷つくしね…。かといって気にしないようにズケズケというのも人によっても違うし、やっぱり難しいよね。

私は両親の場合には感情をぶつけてひどいこと言うときもあったわ。近いからこそってのもあるけど家族だからこそハッキリいって傷つけたことも反省している。

そして自分が鬱状態になって客観視しているけど、周りからの程よいプレッシャー(未来への期待)がある方が堕ちすぎなくていいなっと思っている。

ただ、関係の薄い人に頑張れ頑張れとだけ言われると、ぐさっとくるけどね。

⇒ なんでも『うつ病』で逃げて片付けるんじゃないよ

 

うつ病とは直接関係ないけど歌で励まされることってあるよね。

エレファントカシマシさんの
『俺たちの明日』
って頑張ろうの連呼でも励まされる。

頑張れじゃなくて頑張ろうぜ
だからかな。

このアルバムの1曲めだよ↓
視聴可能

THE BEST 2007-2012 俺たちの明日 [ エレファントカシマシ ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら