生きる価値を見いだせない私は希死念慮に襲われることがここ数年頻繁だけど、

もうダメだ、人生やめよう

と思うときに誰かから助けを求められ、それを無視できず、その求めに応えることで自分の命つなぐことを繰り返している。



人生諦めそうなときに求められることが与えられる繰り返し

そう駄目だ、と思うときに人に助けられるのではなく、人に助けを求められ自分をさておき、人の頼まれごとをすることで自分の希死念慮が延期されるという繰り返し。

そのたびに、

  • 生きろってことか
  • チャンスってことか

求められることに対して応えることで生きていることを感じている。なんというか自己満足だけど人をの役に立ったと思うことが目に見えてわかるからかな。

だから誰かに自分のことを相談をして悩みの根本が解決しているわけではないけど、何をいわずにも人のためにすることで、力がわき、自分が結局助けられているんだと思う。

やはり希死念慮とかもやもやしたうつっぽい悩みって誰かに話してもスッキリしたとしても根本が解決するわけでもないし、相談したことで自己嫌悪で後悔するんだから、こうやって人を助けることで自分が治癒されているという自覚と感謝を忘れずにいよう。

いつか希死念慮が消えたときに、今まで頼ってくれた人に命を維持させてくれてありがとう、っと心から感謝すると思う。




arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら
この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac

kazoku
sessyoku