貧困からの欝うつした気持ちを脱却したくてロトを当てたいという欲が生まれ始め、ロトが当たったらこうやって当選金を使いたいと妄想するだけで気持ちが前向きになってきた。過食嘔吐我慢できたらロトが当たるなどとわけのわからない願掛けをし悩みの種の過食嘔吐も落ち着き、

ある意味恐ろしい効果があると思う。



ロトが当たった人の特徴を真似てみるロト依存症への道


過食嘔吐は食べ物を粗末にする行為でもあるし、何も世の中の役立たない。あ、消費活動としてお店の利益にはなるけど。でも食べ物を粗末にしている罪悪感が有るけど、宝くじに関しては、世の中の福祉事業やスポーツなどの寄付に回るので経済的に貢献しているかもなんて都合の良い解釈をしている。

ロトが当たったら自分も世の中の役に立つ仕事をしたいし自殺遺児の支援にも使いたいと思っている。その気持ちは有るけどきれいごとだろう。世の中には自分の実力で富を得てそれを世の中の役に立つ事に寄付しているのだから。

それに比べると自分は偽善者ではないかという後ろめたさは当然ある。

でも、心のよりどころとして、何も無かったサラリーマンや、仕事を失った人があたったという事を見て励みにしている部分もある。でも実際にロトが当たるのは日頃の行いが良い人というので調べてみた

ロトが当たった他人の特徴を調べる

福岡県のお寺の住職親子は有名な話だと思う。その住職が心がけている事は、日頃の行いや当たると信じる事や自分の番号を持つことなど。

その他の人は、

・トイレ掃除をする
・神社にお参りをする
・金運が良い財布にする
・パワーストーンを身につける
・西側に黄色いものを置く
・宝くじを黄色い封筒に入れて保管する
・寝室の北側に置く
・寄付をする

など色んな情報があった。携帯で買っているので券は無いから、今度は窓口で買ってみようと窓口までわざわざ交通費を払って買いにいった事もある。

黄色い封筒に入れたけど当たるわけも無く・・・

トイレ掃除もしたりコンビニにおつりを寄付したり。神社にお賽銭を入れたりいろいろ良いと思うことはやってみるも簡単に当たるわけも無く、でも良く考えるとこれは日頃の行いを良くするための教えではないかと思い、ロトが当たるうんぬんの前に人としてたり前の事をしなきゃいけないといくことだなと。

ロトが当たった妄想準備で無駄な時間を過ごす

何度か神社に参ったあとに窓口で購入し、一度だけロト6の5等があたった。それを交通費と時間をかけて換金するとマイナスになる地域に住んでいるのでやっぱり携帯で買うほうが良いと判断するも、大金が当たるとそれをネットバンクからおろすことが面倒で、それであればみずほで現金をまとめて受け取りたいな、とかあたったときの余計な妄想をする。

預金が保証されるのが1000万円までとしたら銀行口座の開設をいくつしようとか当たってもいないのに妄想ばかりして無駄な時間を過ごす。

そうすることでなんとなく、欝うつした気持ちが減り、未来に希望が見えるようになり生きる活力が見えてきた。仕事がうまくいかず、人に貸した借金の返済にも苦しみそれを返したいという不謹慎な動機でロトやナンバーズをしているけども気持ちが救われている事に関してはちょっと感謝している。

かといってこれが良い方法ではない事も判っているし、甘くない事も判っている。でもでもロト当てたい。

⇒ 火事に遭う夢を見たら金運UP!?に続く
ロト依存症に注意!スマホで簡単にネット購入できる宝くじ
⇒ ロト6当選祈願の効果がないと思ったら第980回BIG当選してた!




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら