お金がないからどこにも出かけられない週末引きこもり。

この状況は鬱々した気分を加速させ、不安に陥り自己嫌悪や自堕落的な感情になる。

同じ引きこもりでも必ずお金が入ってくる生活や誰かが生活費を看てくれる引きこもりと全く違う…



お金がない引きこもりの週末とお金がある引きこもりは違う…


たとえ少額でも必ず入ってくるお金があると、その中でなんとか生活をするように工夫をすることもできるし誰かが生活を看てくれていると、悪いと思う思わないは別として、安心感がある。

しんどいからとか気分が乗らないから引きこもるだけでいい。それでも生活はできる。これは自分がその立場にならないとわからないけど、相当な差がある。申し訳ないと思いつつ、苦しくて罪悪感を抱えていても実際に何かのお陰で暮らしていけるということは本当にありがたいこと。

しかし、お金がなくて自分で稼ぐ必要があり、養う家族がいて、支払いに追われているがために、どこにも行けずに引きこもる場合には、寝てもたってもいられないので心的疲労がかさむばかり。守れない情けなさも募ってくる。

お金がないけど守らなきゃいけない、一家の大黒柱、一人暮らし、頼る家族がいない人でうつ病やその他、心が病んで貧困もしくは逆でお金がなくてうつ状態の場合、とてつもなく消えたくなるんだと思う。

ストレートにいうとお金があれば救われるってこと大いにあるんだよ、お金がない幸せもあるけど、ある方がもっと幸せになれるし病気の解決もできる。人にできることも増えるし何より気持ちが安定する。

売れないアーティストがお金じゃないんだよ、と夢を語りなるやつがいるけど、お金ではない幸せは成功してお金を掴んだあとに言えって以前テレビで福山雅治さんが言ってたけどそれすごい納得したことがある。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら