世の中お金じゃないといえども最低限お金は必要。子供の頃に体験したお金の有無で未来が全く違う世界になる。

渡辺直美さんも、高校受験失敗を打ち明けていた中で、「お金がなくて定規とかコンパスとか授業で必要なのに買ってもらえなくて、全部指で計算したり長さ決めてたりしたら落ちました」と貧乏が理由で勉強ができなかったことを告白している。



貧乏は学力低下につながり社会適応が困難に


お金がない事の不遇からハングリー精神が培われ、自分にできる事を見つけて成功するといった像が芸能人や成功者には多いけど、

それは一握りであり、夢追う人の励みにもなるのでごく一部の出来事でも話題として取り上げられやすい。だからこあそ貧乏人のほうが精神が強いと思われがち、、、

しかし実際は貧困でまともに教育が受けられない場合には、教育を受けている人とは全く違う価値観になってしまい、制限されることも多い。

もちろんその域で幸せを感じながら暮らしている人も多いからそれはそれでよいことだけども、例えば学力が是体に必要なことに関する職業には着くことが出来ず、大人になってから自分で勉強してもコンプレックスを感じることも多い。

出来る限り子供には貧困による勉強が出来ない状況を大人として作るべきではないなと思う。

子供の頃には気が付かなくてもおとなになっていろんな世界を知るとコンプレックスで再悩まされる。そこで渡辺直美さんとか他のハングリーな子供時代をスゴッしてきた人のように自分の道を見つけることができるといいけど

貧乏の上に家族の問題があればそれはそれはいきづらい未来になる。親が貧乏な原因は何か?その理由が、

アルコール依存
ギャンブル依存
借金
暴力
定職につけない

など、親の身勝手な都合による場合は、アダルトチルドレンになる可能性が非常に高い。そうすると人間関係に失敗したり、親の呪縛で振り回されドンドン社会適応ができなくなる。

人の幸せに決まった正解はないけど貧困というのは病を引き起こす原因であることは事実だと感じる。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら