大野 裕『最新版「うつ」を治す』からの出典でうつ病に関する記事があった。まず、鬱病の人は眠れないからとか、ストレス発散にということで飲酒をするのは良くないらしい。

これ、自分も知って、うつ病になりたくないと思ってアルコールをピタリと止めた過去がある。やっぱりそうなんだね。

でも私の場合、お酒は辞めたとは言え、介護とか離職とか、生活環境が一変して自分でも信じられないほど堕ちてうつ状態になってしまったけど…。



子供は「抑うつ状態」をうまく言語化できない


特に中高校生の非行は抑うつ状態をうまく説明できないために問題行動を起こしてしまい、周りの大人がそのモンダイ行動についての注意しかしないために、理解されないという気持ちが募りもっとひどくなるとのこと。

確かにそうだよね…

また、家族がうつ病になった際の励ましていいのか?心配していいのか?などなど接し方の注意点や、部下がうつ病の兆候を示したときの対応策など、箇条書きに記されているので一読してみると良いと思う。

  • 生真面目で責任感の強い人は注意
  • 男性はアルコール依存症になりやすい
  • やる気が出ないときどうするか
  • 「重さと時間と経過」を見ること
  • 「うつ病」かもしれないと思ったら
  • やっていいこと、悪いこと
  • 眠れないときは「いずれ眠れるさ」と開き直る
  • 周囲が気をつけなければいけないこと
  • 時には患者さんから離れて1人の時間をつくる
  • 子供は「抑うつ状態」をうまく言語化できない
  • 「部下が自殺!」となる前に

20歳まで子供は”うつ”を言葉にできない
http://blogos.com/article/330025/


「うつ」を治す最新版 (PHP新書) [ 大野裕(精神科医) ]




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら