うつ病の接し方、家族だからこそ、、、看病、犠牲、責任、許容、我慢、拒絶、尽くす、縛り、理解、愛を与える、時間を与える、お金を与える、自分を殺す、自我を消す、、、

うつ病の家族を持つと様々な感情や葛藤がある。

世間では家族なんだから、家族でしょ?それはわかっている



うつの親を看るのとうつの子供や夫・妻を看るのとは全く違う

  • 家族なんだから、
  • 娘なんだから、
  • 親なんだから、
  • 息子なんだから、
  • 妻なんだから、
  • 夫なんだから、
  • 身内なんだから、

いろんなだからで家族はうつ病の家族と接することになる。

  • 医者は逃げることもできる(病院を紹介するなど)
  • 職場はやめてもらえればそれで切れる
  • 友達は音信不通になれば終わり
  • 恋人は別れたら終わり

でも家族は逃げられない。

その中でも、自分の子供がうつ病になると親は責任を感じ必死になるだろう。

でも、親がうつ病になった時、子供は耐えられない時がある。

小さくて自分が親を必要とすることがあるのにその親の面倒を見たり、気を遣ったりしないといけないからだ。それが当たり前と思って大人になると色々性格的な歪が来る、でもそれを助けてくれる家族はいない。

親がうつ病になると子供は大変だ。それを親に言えないことも辛い。親もなりたくてなっているわけではないんだろうから。でも頭ではわかっていてもいろんな歪があるものだ。私の場合そういう意味も含め自分は親になれない。だって自分みたいな親に振り回されたら子供がかわいそう。だから脳下垂体の異常で不妊症かもと言われときに治療をしていない。お金もなかったし子供を産める幸せな日は来ないと思っていたから。逃げてるって言われるかもだけどそれでいいのだ。

親から逃げたらいいのにと他人からはいわれるけど逃げれない。心に住み着いて呪縛のように頭から離れない

私もそうだけど、10代であんたがいると息苦しいから家を出て行けと言われ実家を飛び出したときに何日もうつ病の親のことが浮かび、涙が出て心配で心配で仕方がなくなり、親を捨てたのではないかと自責の念で過呼吸になった。結局いてもたってもいられず帰ったりとあの呪縛は恐ろしい。

離れて暮らせるようになるまで何度も何度も押しつぶされそうになった。ようやく離れることが出来て一人暮らしが20年経過しだいぶ毒が抜けた感じだけどやっぱり今でもずっと呪縛が離れない。介護で同居になったからもう一生、うつ病の母と離れることは無理だろう。

と話は戻り、子供がうつ病になるのと、親がうつ病になるのとではほんとうに本当に全く受け止め方が違う。同じ家族のうつ病のカテゴリ分けになっていても、ぜんぜん違うのだ。子育てと介護が同じお世話でも全く違うように…。

だから親でうつ病になっている場合に、子供が生活の面倒見てくれることに対し、他人のことであれ、感情移入をする。子供の本当の部分を知らずに甘えたこと(本人はそういうつもりはないけど)を言ってる親を見ると本当に自分の辛いことしか頭に入らないんだなっと無性に腹が立つ事があるし、その子供を思うと胸が痛くなる。

家族のうつ病の介護も大変なんだよ。ってその本人に言ってもわからないし、それが病気だからというと飲み込まないといけない。病名があるだけ強いので、いうだけ介護者家族のほうが損した気分や後悔する気持ちになるだけだから本人に言うのは諦めてる場合が多いこと、よくある話。こういうこというと鬱病の人に怒られるけど、家族はじゃあどこに感情を持っていけばよいのか?ってきいてみて・・・・

ああ、、、、そういうことも言えないし、子供が心を殺すしか無いんだよね。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら