私は子供の頃に母親が良く死にたい死にたいと言ってるのをなだめたり、元気になってもらおうとしたり、話をそらしたり、無視したり、っと自殺願望の母親のことが毎日怖くて仕方がなかった。

父がすでに死んでいるので、実際に死ぬことがあると知っているから。



そんなに死にたければ死ねば?


恐怖に震える私は、母が死にたいというリズムがやってきたときに、それなりに逸らかすことを身に着けた。最初は死ぬ死ぬ詐欺って言う言葉があるけどまさにそんな感じで、死ぬと言って気を引いているんだろうと思ったけど

本人は死ぬ気はあったけど死ねなかったみたい。

でも毎日地獄のような日々の中、ついに母に死にたければ死ねば?といった。

死のう…そのほうが楽だよ

続いて、死にたければ一緒に死のう、そのほうが楽だし、生きててもいいこと無いし、ずっと苦しいだけだよ、私も失うものもないし一緒に死のう、と本気でいった。

もう引くに引けなくて怖くて震えた。

本当に心中する気でいた。まだ女子高生で未来があるはずなのに、当時の私は絶望しか無かった。このままの毎日だと母はいずれ死ぬし、それだったら早い方がいい、一人で死ねないなら私と死ねばいいと自殺に付き合うことにした。

覚悟を決めた途端、母が死ねないといった。

その理由は省略するけど、その理由はちょっとショックだった。自分が必要とされていないこと消えた方がいいことが浮き彫りになり、かなりきつかったけど、その日から私は死のうと思わなくなり、一人で生きていこうと決めた。

あの時の地獄とショックからニュースでうつ病の家族の絶望とか心中とか殺害とか見ると自分もそっち側だったんだなと思う。でもそうならなくてよかった。ただ、あの経験は生きててなかなかできるものでもなく、生きる道に深みを増すことになった。それは傷でもあり懐でもある。

傷が深いことは辛いかもしれないけど懐が深くなったおかげで人の気持ちがわかるようになったり許せるキャパが増えた。母はこのことを覚えていない。凄いなうつ病って。自分が傷ついたことはいつまでも根に持って覚えているけど人を傷つけたことに対しては忘れることができるようで、ある意味良い性格ではないかとも思う。

自分は人を傷つけたことに対していつまでも思い悩むタイプだから。眠れない思いをしてまで考える。もし母がその性格であればうつ病プラスアルファ苦しくてたまらないだろうね。いつも批判や文句が先に出て褒められたことがない。子供ながらに不満ばっかり言ってるとうつ病になるんだと思った…だから反面教師で私は人の良いところを見るようになった。悪い人でもいい面があるとそこを信じるようにしている。だから騙されることもあるんだけどね。

とにかく、父が死んでうつの苦しみから解放され楽になったであろうことから、母に対しても死にたければ死ねば?というひどい言葉を言ってしまった自分は、二度と誰にもそういうことをいわずに、個人個人が現状から少しでも良いところを見つけ希望が持てる生き方を見出したいと思っている。




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら