• 私は家庭環境が複雑だから
  • 私は機能不全家族だから
  • 私は親の愛情を知らないから

などといった事情で社会生活をうまく送ることができない大人がいる。ただ、情報過多の世の中で、若いうちから自分の生い立ちが悪かったと理由をつけて社会生活を放棄するのはもったいないと思うし自分で変えることもできると思う



生い立ちのせいで社会生活を放棄するのはまだ早い


自分自身もそうだけども父親が自殺したり母がうつ病になったりで子供の頃、環境が良かったとは言えないけど、自分は自分だと思い、がむしゃらに反骨精神で生きてきた。

人間関係に気を使いすぎた一方的なトラブルで転職したり友達に裏切られたり人にお金を貸したりする自分の性格が、自分が悪いと思い生きてきたけど知人にアダルトチルドレンなんじゃないの?といわれるまで気が付かなかった。

気が付いて楽にはなったけども、かといって家族や生い立ちのせいにして人生を放棄しようとは思わず夢や目標は持っている。

でも中には、そういう生い立ちのせいにして自分を変えることを放棄してあきらめている人もいるのが何だか歯がゆい。いろいろ経験していくことで自分は変われるのだから若いうちに社会生活を放棄することを覚えないほうが良いと思う。

きっとネットがあるせいだとは思うけども、同じ環境のなだめ合いは楽なようで実は足の引っ張り合いでもある。自分を変えるには自分が動かないといけないし誰かがこうしろといって変えれるものでもないので、

経験する前に人の情報で世の中をいろいろ知る前に自分で経験を積んで変えていくほうが良いと思う。知らぬが仏という言葉もあり、生きづらい中で自分で得られた答えもあり、その感情が人の役にも立てるし自分の治癒にもなる。

寝てても時は過ぎていくだけで生きていくにはお金も必要。依存すると楽なようで生きづらい。やっぱり生い立ちを糧にして前に進む方がよいなあ。そういう人のほうが大成する。環境が悪かった方が力がある。




arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で仕事できず心と生活にゆとりがない悩みはこちら
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら
この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac

kazoku
sessyoku