うちの母はうつ病を患っているけどもそもそも、発達障害の可能性もあり、父親にいつも片付けができない、話が通じない、なんでこんなこともできないんだと罵られるうちに精神が壊れた。

発達障害だなんて本人は認めたくないだろうし検査をするにも勇気がいる。でもセルフチェックで観てみると母に当てはまることが非常に多い。

さらに高次脳機能障害を抱えているため介護生活の私も参っている。

そんな矢先にネットのコラムで鈴木大介さんの書籍を知った。



母のために「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間を読む


まずは脳が壊れたという本からのネットでの高次脳機能障害を抱えた著者と発達障害の奥様との生活のこと。

まず、鈴木さんが奥様の行動を書いていることや会話で感じることがまさしく母と同じことが多くあり、未来の話ができないから子供を作ることは辞めたというのも頷けた

勤務先からの出会いのことを書いているけどもなるおど、うん、母もそんな漢字だよということが多々あり、今は高次脳機能障害もあるのでなんというかもう発達障害なんだか高次脳機能障害なのか認知症7日、うつ病なのかもわからず、介護するのにホトホト困っている。

もちろん配偶者に関してだから受け取り方や許容範囲が違うと思う。渡しの場合、母なのでこんなに優しく受け止めることはできないけども、発達障害、高次脳機能障害の方の気持ちを知るということは今の自分に大事かなと思って。

責めてはいけない、怒ってはいけない、

これ私の課題なのでまずは脳が壊れたから読んでみて、奥様のことを読んでみる。

脳が壊れた (新潮新書)


されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間

脳が壊れた読破の感想
⇒ 母に発達障害のこと言いにくいので脳が壊れたからのお妻様へ




この記事に共感した&参考になれば
↓2つのバナーをクリックして下さい
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

ac
sessyoku
arrow_redうつ病の家族の看護や介護離職で心と生活にゆとりがない方、他にいませんか?
arrow_red依存母からの卒業 ~母親の精神的支配から逃れたい娘達~
arrow_redうつ病で仕事ができない悩みはこちら